日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

広島ブラウン監督「内野5人制」成功!

日記を書く

12回、内野守備を1人増やしたシフトをとる広島(撮影・水谷安孝)
12回、内野守備を1人増やしたシフトをとる広島(撮影・水谷安孝)

<西武4-4広島>◇14日◇西武ドーム

 広島マーティー・ブラウン監督(46)が、絶体絶命の場面を執念の「内野5人制」で切り抜けた。

 4-4同点の延長12回裏無死満塁。一打サヨナラ負けの大ピンチに、監督は得意の奇策を用いた。投手を林から左腕青木高に代えるとともに、左翼末永を下げ内野手の小窪を起用。小窪は左翼ではなく、三遊間の二塁寄り、遊撃梵と二塁東出の間にポジションを取った。見慣れぬシフトに観衆がどよめく中、西武の代打黒瀬の打球は小窪の真正面へ。本来なら中前打となる打球だったが、左翼-捕手-一塁の珍しい併殺プレーが完成した。この後シフトを通常に戻し、後続を打ち取って危機を脱出した。

 小窪は人生初の体験に「打球がくれば本塁に投げるしかないと開き直りました」と胸をなで下ろした。青木高も「5人じゃなければ抜けていた当たり。その点は複雑ですが、抑えられてよかった」と大胆な策に助けられて笑顔を見せた。

 5月6日の中日戦でも内野5人制を用いたブラウン監督は「最後の手段で、準備しておくものではないが、選手は私の意図を理解してよくやってくれたよ」と満足げだ。引き分けたことで交流戦の勝ち越しも決定。4時間39分の価値あるドローに、ナインの表情も明るかった。【高垣 誠】

 [2009年6月15日11時30分 紙面から]


関連ニュース





このニュースには全0件の日記があります。








この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  広島が森、ドーマン、岩本の出場登録抹消 - 野球ニュース
  2. 2  【広島】内野5人、左翼ゴロ併殺でドロー - 野球ニュース
  3. 3  【広島】大竹「仕切り直し」楽天戦へ調整 - 野球ニュース
  4. 4  巨人3連敗、坂本痛恨ミスで交流戦V消滅 - 野球ニュース
  5. 5  楽天が新外国人リンデン外野手と合意 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです