日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

アニメ・ゲームコラム

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

日本で唯一のゲームソムリエール。26歳にして、昭和のレトロホビー等を文化として研究し、様々なメディアで活躍。そのキュートなルックスからは想像できないような正論、発言も。また、インドネシア、バリ島のマニアでもあり渡航回数は35回以上。自身でバイクをレンタルし観光客がいかないような場所へも行ってしまうという活発な一面も持つ。Twitterアカウントは@annoharuna。

マリオがセメント工場で!?

[2015年8月28日10時23分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆様おはようございます! タイトルから、なんだなんだ? と思った方は多いのではないでしょうか。数ある任天堂ゲーム&ウオッチのシリーズでも極端に発売数が少ない作品になります。日本での発売数よりも海外での数の方が多いという、そういった意味でも珍しい存在なんです。

 セメントファクトリーというのは直訳しますと「セメント工場」でして、ゲーム内容は、流れてきて固まったコンクリートを下で待つトラックに積み込んでいきます。

 どのゲームに似ているかといいますと、名作「オイルパニック」にちょっと近いかな? コンクリートがどんどんトラックに溜まっていくのですが各最大4までが限界なので、それ以下の状態で下に送らないといけません。

 また、マリオのセメント工場というタイトルですが、主人公の見た目はマリオには見えず、ゲーム&ウオッチによく登場するキャラに似ています。

 ゲーム内容はこういった感じなのですが、個人的に一番このゲーム&ウオッチの魅力はスバリ、「外観」「見た目」です! もちろん本当に個人的な意見なのですが、赤のメタリックといいますか、もうなんとも美しい。きっと皆様も経験があると思うのですが、小学校くらいの時に、普通の色の折り紙の中に数枚だけ存在する金とか銀の折り紙の魅力! 使うのがもったいない! と思ってしまうようなあの感覚。それがこのセメントファクトリーには存在します。

 今の時代、ゲームはダウンロードやDVDでの供給がメインでしてなかなか外観に差はありませんが、そういった意味でもこういう美しい外観を持つ、外観も含めて「ゲーム」という作品なんだ。ということを教えてくれますね。

  • TL

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」の最新記事

Ads by GooglePR

アニメ・ゲーム最新ニュース

見られたのは300人中140人のプレミアム試写会

アニメ・ゲームランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ