日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

アニメ・ゲームコラム

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

日本で唯一のゲームソムリエール。26歳にして、昭和のレトロホビー等を文化として研究し、様々なメディアで活躍。そのキュートなルックスからは想像できないような正論、発言も。また、インドネシア、バリ島のマニアでもあり渡航回数は35回以上。自身でバイクをレンタルし観光客がいかないような場所へも行ってしまうという活発な一面も持つ。Twitterアカウントは@annoharuna。

たまごっちとモスラがコラボ?!

[2015年9月18日20時56分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おはようございます! 忘れもしません、もっと大げさに言えば、絶対に忘れられないでしょう……。それは、私が小学生だった十数年前、世間では「たまごっち」が大ブームになり、テレビのニュースでもそのフィーバ-ぶりが報道され、私の中では「憧れ」のおもちゃになっていました。比べるのもおかしいですが、おそらくは去年の妖怪ウォッチのメダルのようなブーム、いや、きっとそれ以上のブームだったような気がします。

もちろん欲しくて欲しくてしょうがなかったのですが、東京でも手に入らない「らしい」のに、九州の田舎では手に入るなんていうことは絶対にないだろうな……と思っていました。

 しかし、ある時お母さんが「たまごっち」を買ってきたよ、と急にプレゼントしてくれたのです。なのですが……。

 それは、たまごっちではなく、当時世間の子供達を絶望淵からたたき落とした「ぎゃおっち」という「偽物」だったのです_。でもそれをお母さんが間違えてしまうのは仕方ないんですよね。子供ならその違いはわかりますが、きっと当時の大人ではそれが偽物か本物かなんていう違いを見抜くのは難しかったでしょう。

 その偽物の「ぎゃおっち」ですが、私はそれでも嬉しくてずっと大事にしていました。※すぐ壊れたけどね。

 そんな偽物が大量に出回るくらいの大ブームだった「たまごっち」ですが、実は偽物のようで偽物でない、「コラボ作品」というのが結構な数発売されていました。

 今回紹介するのがその中の一つ、「モスラのたまごっち」です。一見、偽物のように見えますが、れっきとしたバンダイの製品になります。

 内容は予想どおり、幼虫のモスラが様々な成長をして蝶に?! というもので、とっても可愛くできています。

 でも今考えてみると、逆に偽物を手にしたからこそ、本物への探究心が芽生えたんだろうな~と感謝しています。ありがとう「ぎゃおっち」?

  • TL

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」の最新記事

Ads by GooglePR

アニメ・ゲーム最新ニュース

見られたのは300人中140人のプレミアム試写会

アニメ・ゲームランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ