日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

アニメ・ゲームコラム

三橋玲子「帰ったらゲームしよっと。」

三橋玲子「帰ったらゲームしよっと。」

9月1日生まれ。リラクゼーションスペースのラフィネやSONYのサイバーショット、EPSON、KOSEエスプリークなど数多くの企業広告のモデルとして活動しつつ、自身の大好きなゲームでも「ドラゴンクエストモンスターズ」の公式大会のMCや「ウルトラストリートファイターIV 女子部(通称ウルIV女子部)」の部長としても活躍中。Twitter @mihashireiko 公式ブログ http://ameblo.jp/rei-leon/

ポケモンGOで出無精解消

[2016年8月11日16時57分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 超インドアな私。仕事が終わればすぐにでも家に帰りたいし、お休みがあれば家にこもってゲームをしていたい(笑)。そんな私を「ちょっと散歩にでも出ようかな」なんて気持ちにさせるすごいゲームに出会いました! 今大流行している「Pokemon GO」(基本無料/iOS・Android)は、ナイアンティックと株式会社ポケモンによって共同開発されたスマートフォン向けアプリゲームで、日本では7月22日に配信開始。なんと世界累計ダウンロード数は推定1億を突破したとの情報も。すごい人気ですね~。

 このゲームは、位置情報ゲームといって、現実の世界を舞台にポケットモンスターの捕獲・育成・バトルなどを楽しむことができます。プレーヤーは、ポケモントレーナーとして現実世界のいろいろな場所を探索してポケモンを捕まえます。アプリ起動中にポケモンが近くに現れると、スマホが振動して知らせてくれて、マップ上に現れたポケモンをタップすると、ポケモンと遭遇。ポケモンに画面上のモンスターボールをスワイプして投げると、捕まえることができます。

 

 アプリを起動するとマップが広がるのですが、これが現実世界のマップになっているのがこのゲームの大きな魅力。モンスターボールなどのゲーム内で使う道具が手に入る「ポケストップ」や、3つのチームがバトルの腕を競い合う「ジム」は、実際にその場所に行くことで道具がもらえたりバトルに挑めたりするのです。

 

 有名なモニュメントや名所旧跡、カフェやレストランなど、あらゆる場所にあるポケストップ。タップすると名前が出てくるので、初めて訪れた土地ではちょっとした観光ガイドになるし、いつも通っている場所が意外な名所だったりするのがわかったりと、外出が楽しくなるのです!

 もちろんポケモン集めもハマります。水辺には水タイプのポケモンが出現しやすいなど、場所によって出やすいポケモンが変化するので、いろいろな場所に探しに行きたくなる! ピカチュウの目撃情報を聞きつけて新宿御苑で1時間粘ったという知人もいたり…。

 捕まえたポケモンは、捕獲時に手に入る「ほしのすな」や「ポケモンのアメ」を使って進化や強化させることができます。いろいろな種類のポケモンを集めてポケモン図鑑の完成を目指すというのが、このゲームの大まかな目標かな? まぁ楽しみ方は人それぞれで、強いポケモンを作って仲間チームの「ジム」を増やしていったり、チャレンジ達成で手に入る「メダル」収集にいそしんだり。より強いモンスターにするために個体値にこだわったりする方も。

 ちなみに課金ポイントは、ゲームを有利に進めることができる道具を購入するための「ポケコイン」購入時。もちろんなくても十分楽しめます。さて。さっき逃げられたミニリュウとまた出会えることを信じて、再び散歩に行ってこようかな(笑)。

  • TL

三橋玲子「帰ったらゲームしよっと。」の最新記事

Ads by GooglePR

アニメ・ゲーム最新ニュース

見られたのは300人中140人のプレミアム試写会

南條愛乃が「パンパカパンツ」のイベント参加

アニメ・ゲームランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ