日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

麻雀 ニュース

多井が6勝で優勝!/RTDマンスリーリーグ

[2016年11月30日16時37分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<藤田晋invitational RTDマンスリーリーグ>◇23日◇決勝

優勝した多井隆晴

優勝した多井隆晴

 トッププロによる長期リーグ戦「藤田晋invitational RTDマンスリーリーグ」決勝2日目(5~8回戦)が23日に行われ、多井隆晴(RMU)が336.4ポイントで優勝した。

 準決勝までのポイントをリセットし、全8回戦で行われる決勝戦。多井は一日目に4連勝を果たし、255.2ポイントとし、すでに優勝をほぼ決定づけていた。

 5回戦、6回戦もトップとなり、優勝をほぼ手中に収め、7回戦、8回戦はそれぞれ藤田、瀬戸熊にトップを許すも、トータル336.4ポイントで逃げ切りを果たした。

 初日で2位につけていた藤田がトータル92.9ポイントで2位。最終戦で意地のトップを見せた瀬戸熊がトータル▲97.3ptで3位。終始苦しい状況が続いた佐々木が▲332.0ポイントで4位となった

 優勝した多井は「団体戦でとてもくやしい思いをしたので、多くの視聴者の方々にご覧頂けているこのRTDでなんとしてでも勝ちたかった。なかなかチャンスがもらえない中、RTDに抜擢して頂けたのでその恩返しがしたかった」と喜びを語った。

 エンディングでは、第2期もほぼ同様の形で開催し、2017年1月から配信されることが発表された。

1位 多井隆晴 336.4

2位 藤田晋 92.9

3位 瀬戸熊直樹 -97.3

4位 佐々木寿人 -332.0

  • TL

Ads by GooglePR

麻雀最新ニュース

3月度大会は前山プロが優勝/日刊杯

麻雀ランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ