日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

麻雀 ニュース

忍田幸夫が連覇で4回目のV/将王決定戦

[2016年12月8日10時32分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<第14期将王決定戦>◇最終日(13-15回戦)◇4日

 麻将連合の最高峰タイトル「将王決定戦」最終節(全4日15回戦)が行われ、忍田幸夫がトータル89.7ポイントで2年連続4回目の将王を獲得した。

 第1節からトータルトップを守り、2位と95.2ポイント差で最終日を迎えた忍田は、13回戦で3着、14回戦でラスを引いて、2位の武則に39.8ポイント差まで詰め寄られた。最終戦はトップラスでひっくり返る点差となったが、この半荘をトップで締めくくり、連覇を達成した。将王4期は歴代最多。

 武則輝海がトータル▲7.2ポイントで2位。藤原健はトータル▲18.3ポイントの3位、高見沢治幸はトータル▲68.2ポイントの4位だった。

 昨年は三冠(将王・BIG1カップ・M-1カップ)、今年は将王を連覇と、麻将連合で圧倒的な強さを誇る忍田に対して、解説の三原孝博は「強さは十分わかったので来年は外側で勝ってきてください」と他タイトル戦での活躍を期待したエールを送った。

1位 忍田幸夫 89.7

2位 武則輝海 ▲7.2

3位 藤原健 ▲18.3

4位 高見沢治幸 ▲68.2

  • TL

Ads by GooglePR

麻雀最新ニュース

3月度大会は前山プロが優勝/日刊杯

麻雀ランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ