日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

パチンココラム

回転遊戯

回転遊戯

ニッカンスポーツ・コムのパチ・スロ担当「K松」が実戦(基本月曜日)、業界話(基本金曜日)にコラムを更新。K松はアニメ・ゲーム、麻雀、カジノなど娯楽全般も担当。Twitterアカウント(@komacchan0822)では週末を中心に実況ツイートも。

不安を増す「お知らせ」と「統一表示」

[2016年9月30日19時59分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、K松です。今週、個人的にびっくりしたことがありました。それは全国のパチンコホールの組合である全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)から出たものです。メーカー出荷時の「遊技くぎ」の問題で台が回収された後、ホールが代替機が設置できずに外枠を残して台を取り外したり、ベニヤ板でふさいだりする対応について、「組合からのお知らせ」と「統一表示」が決まったのですが、これがなんとも強烈。今回はこの2つについてのお話です。

 まずは、ホール内で掲示される「組合からのお知らせ」から。

 現在、全国の組合員ホールでは、遊技機の過度な入替を控えております。

 そのため、遊技機を回収・撤去した後、代わりに遊技機を入れずに、ベニヤ板等で塞ぐ場合がございます。

 お見苦しいこととは存じますが、何卒、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

 次に、ベニヤ板等に貼られる「統一表示」。

 この台は、「遊技機メーカーの不手際」により回収・撤去されました。

 今しばらくお待ち下さい。

 まず、どちらにも共通して感じた疑問が「これはユーザーが理解できるのか」というものです。パチンコ・パチスロ情報を細かくチェックされているような方々であれば説明いらずで伝わるかもしれません。ですが、多くのユーザーは「お知らせ」であれば、「なぜ急に入替を控えることになったのか」「ベニヤ板でふさぐことを、なぜおわびしているのか」という疑問が出るはずです。「統一表示」であれば、そもそも「不手際って何?」「何をしばらく待つの?」となります。すべては遊技くぎの問題がベースになってはいるのですが、ユーザーが知っている前提で告知するのは無理があると思うわけです。

 次に感じたのが、対立です。特に「統一表示」に書かれている「不手際」という表現。これももちろん、遊技くぎ問題のことを指しているわけですが、なんとも強烈な文言です。言い換えれば「メーカーのせいで、みなさんに遊んでほしい台が回収・撤去されてしまいました。次の台が入るまで少々お待ち下さい」ということ。本来、この種の話はメーカーとホールの間で処理されるものだと思いますが、それをあえてベニヤ板に貼り付けるとなると、メーカー側の反応も想像がつきます。実際に、どのくらいのホールがこの「統一表示」を使用するのか分かりませんが、何にしろ業界団体側で、これを使おうと決まったことについては、非常に驚きました。

 台を作る側と、それを購入し客に提供する側。それぞれの言い分があり、そこには対立が生まれることもあるでしょう。ただ、ここの対立は、単に遊びに来ているユーザーには、関係がありません。たとえば、一時期話題になった、食品への異物混入騒動。もちろん食品を加工、製造したメーカーの責任は大きいです。とはいえ、それを実際に販売した店が「メーカーの不手際です」とだけ記した張り紙をすることはないと思います。

 結局、パチ・スロにしろ食品にしろ、ユーザー・消費者は、目の前で提供されたものを信じるしかありません。そこに、詳細の説明もなく、いきなり店内に「不手際」という文字が入ったものが貼られたら、やはり不安になるでしょう。私もたまたま事前にニュースを読んでいたから知っているのであって、初見であればホール内でびっくりしたことでしょう。実際に使用されるタイミングはわかりませんが、はたしてどんな反応が出てくるのか。それもまた不安です。【K松】

  • TL

回転遊戯の最新記事

Ads by GooglePR

パチンコ・パチスロ最新ニュース

ニューギンがニコ超会議でイベント開催

「CR大海物語4 BLACK」お披露目

「ぱちんこCR北斗の拳7 百裂乱舞」発表

ニューギン「CRシュタインズ・ゲート」発表

パチンコランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ