日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

パチンココラム

回転遊戯

回転遊戯

ニッカンスポーツ・コムのパチ・スロ担当「K松」が実戦(基本月曜日)、業界話(基本金曜日)にコラムを更新。K松はアニメ・ゲーム、麻雀、カジノなど娯楽全般も担当。Twitterアカウント(@komacchan0822)では週末を中心に実況ツイートも。

友人を誘えるパチ・スロホールに

[2016年10月31日15時18分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、K松です。いきなりですが、ここのコラムは今回でひとまず最終回となります。なんだかんだで5年ぐらい書きました。最近はちょっとサボり気味ですいませんでした。すっかりパチンコ・パチスロから縁が切れるわけでもないので、もし復活することがあったら、またお付き合いくださいませ。さて、そんな最後のコラムですが、テーマは「パチ・スロに誘えるか」です。似たようなことを今まで何度か書いてきましたが、区切りの1本としてこのテーマにしたいと思います。

 おそらく、すべての娯楽において、始めるきっかけというのは「自分で何かを見聞きして興味を持った」か、「人に誘われた」のいずれかです。その娯楽について、複雑さや料金など、参加ハードルが高くなればなるほど、後者があてまはるはずです。私自身は、ゲームセンターにあったパチンコで興味を持ちつつ、最終的には大学時代の友人に誘われたのがきっかけなので、ミックスした感じかもしれません(笑)。

 ここ最近、メーカーにしろ、ホールにしろ、減少が進む参加人口について「既存のファンの方に友人などを誘ってもらうことで、参加人口減少を食い止める」という意見をよく耳にします。この考え方自体は、パチ・スロが調子のよかったころから、変わっていないのかもしれません。事実、誘われて始める人も多いわけですから、パターンとしては大いにあると思います。ですが、今と昔、既存のファンが友人を誘いやすい状況なのかと言えば、そうとは言えません。

 一番分かりやすいのは、出玉です。何せ既存のファンが「出なくなったからもうやめた」と言い続けるケースが増えているのですから、仲のいい友人を誘うことは減るでしょう。勝つこともあれば、負けることもある。感覚として、勝ち負けが半々で誘えるかどうか。負けることが多いのであれば、かなり厳しい気がします。

 次に挙げられるのが、環境です。つい最近も話題になった室内禁煙の件がその一例。たばこ離れが進む中、非喫煙者の友人を、基本的に全面喫煙可のホールに誘うというのも、これはこれで大変です。仮に非喫煙者でも、それを我慢してでもホールに足を運ばせるには、相応のメリットがないといけません。このメリットも、ちょっと勝てるとかそういうレベルではなく、行けば連戦連勝というぐらいでやっとかと思います。

 その他、音の問題や世間的なイメージ、遊技時間の長さなど、いろいろと誘いづらい要因はあります。いくら今流行りのコンテンツとタイアップした新機種を出し、きらびかやか内外装にしても、大事な友人を誘える状況かと言えば、多くの人がNOと答えます。また、「パチ・スロやめようかな」という友人を、引き留めることすら難しいかもしれません。

 これまで何度も、遊技人口の件について書いてきました。休眠ファンの呼び起こし、新規ファンの獲得。いずれも生半可なことでは成功しません。派手なプロモーションもしにくい現状にあって、真っ先にできることといえば、出玉や喫煙、音なども含めた「遊技環境の改善」です。おそらくここに手をつけないと、いくら外から人を集めても、ざるのように流れていってしまうことでしょう。ふとホールに入った時に「あれ、雰囲気変わっていい感じになったな。今度あいつを誘って来てみよう」と思える機会が増えることを祈りながら、コラムを締めたいと思います。ありがとうございました。【K松】

  • TL

回転遊戯の最新記事

Ads by GooglePR

パチンコ・パチスロ最新ニュース

「CRフィーバー機動戦士Zガンダム」発表会開催

エヴァ咆哮!!エヴァレースクイーンがVR挑戦

エヴァ咆哮!!2018年モデル再起動

エヴァ咆哮!!シリーズ新作の注目演出は…

パチンコランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ