日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. MLB
  2. ニュース

MLBニュースのRSS

イチ適時二塁打 ヤ軍地区S突破/詳細

6回、右中間に適時二塁打を放つイチロー(共同)
6回、右中間に適時二塁打を放つイチロー(共同)

<ア地区シリーズ:ヤンキース3-1オリオールズ>◇第5戦◇12日(日本時間13日)◇ヤンキースタジアム

 2勝2敗で迎えた第5戦。ヤンキースが3-1で勝ちリーグ優勝決定戦進出を決めた。イチロー外野手(38)は「2番左翼」で先発出場。6回に適時二塁打を放った。リーグ優勝決定戦は明日13日(同14日)開幕。中地区優勝のタイガースとWシリーズ進出をかけて戦う。

オリ000000010=0

ヤン00001110X=3

 <1回>

 オリオールズは3者凡退。サバシア、上々の立ち上がり。

 ヤンキースはオーダーを変更。不振のAロッドを外し第3戦のヒーロー、イバネスを5番DHで起用。

 ◆イチロー第1打席。ジーター三振の後、1死無走者。カウント1-1からの3球目、143キロの外角低めツーシームを打って二ゴロに倒れた。3番カノは一ゴロで3者凡退。

 <2回>

 オリオールズは3者凡退。捕ゴロ、三振、三振とサバシアが好調だ。

 ヤンキースは4番テシェイラが三ゴロ、5番イバネスが中飛、6番スウィシャーは三振。ここまで両軍とも走者を出せず。

 <3回>

 オリオールズはこの回も3者凡退。サバシアはパーフェクト、毎回の4奪三振。

 ヤンキースも3者凡退。

 <4回>

 オリオールズは先頭の1番マクロースが左前安打。しかし2、3、4番がいずれも外野フライに倒れ無得点。

 ◆イチロー第2打席。ジーター三振の後、1死無走者。1-2から4球目、高め直球に詰まって二ゴロ。3番カノは見逃し三振。4回までハメルの前にパーフェクトに抑え込まれている。

 <5回>

 オリオールズは先頭の5番ウィータースが四球。6番マチャドは二飛。7番レイノルズは二ゴロ併殺打で無得点。

 ヤンキースは4番テシェイラが初安打となる右前打で出塁。5番イバネスの2球目に二盗成功。イバネスが中前適時打を放ち1点を先制。

 <6回>

 オリオールズは3者凡退。マクロースの右翼ポール際への大飛球がビデオ判定に持ち込まれたが当初のジャッジ通りファウル。

 ◆イチロー第3打席。1死一塁。初球146キロの低め直球を右中間フェンス直撃の適時二塁打。一塁からジーターが手をたたきながら2点目のホームイン。

 <7回>

 オリオールズは3者凡退。

 ヤンキースは1死後、グランダーソンが右翼アッパーデッキへ特大のソロ本塁打を放ち3-0とした。

 <8回>

 オリオールズは先頭の5番ウィータースが四球、6番マチャドが四球で無死一、二塁。1死後8番フォードの左前適時打で1点返し1-3。なおも1死満塁と攻めたがサバシアが踏ん張り追加点奪えず。

 ◆イチロー第4打席。1死走者なし。オ軍投手は右腕ストロップ。3-1から四球を選んで出塁。しかし3番カノは二ゴロ併殺打に倒れ無得点。

  <9回>

 オリオールズは3者凡退で試合終了。サバシアは4安打1失点完投。

 [2012年10月13日9時21分]







日刊スポーツ購読申し込み