今オフ、プロ野球12球団が補強した選手は以下の通り。


広島

ライアン・ブレイシア投手(29=アスレチックス3A) 契約金5万ドル(約575万円)、年俸47万5000ドル(約5462万5000円)、背番号は70。183センチ、102キロの右腕。メジャー通算は7試合ながら、マイナーでは通算314試合に登板。554回1/3を投げて485三振と高い奪三振率を誇る。今季はマイナー46試合すべてで中継ぎ登板。60回2/3を投げて70奪三振。奪三振率は10・4

ドラフト6人指名詳細


巨人

ホルヘ・マルティネス内野手(23) 188センチ、77キロの右投げ両打ち。ドミニカ共和国出身。育成契約で年俸2万ドル(約230万円)

クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(22) 身長188センチの左腕。ドミニカ共和国出身。育成契約で年俸2万ドル(約230万円)

アークイメデス・カミネロ投手(29=マリナーズ) 最速164キロのリリーフ右腕。1年契約で年俸115万ドル(約1億3200万円)、背番号44

陽岱鋼外野手(29) FAで日本ハムから移籍

ケーシー・マギー内野手(34=タイガース) 楽天時代の13年に勝負強い5番打者として28本塁打を放ち初の日本一に導いた立役者の1人。単年契約で、推定年俸は170万ドル(約1億9300万円)背番号は「33」

柿沢貴裕内野手(22) 楽天との交換トレードで獲得

山口俊投手(29) FAでDeNAから移籍

森福允彦投手(30) FAでソフトバンクから移籍

吉川光夫投手(28) 日本ハムとの交換トレードで獲得

石川慎吾外野手(23) 日本ハムとの交換トレードで獲得

ドラフト8人、育成7人指名詳細


DeNA

平良拳太郎投手(21) 山口俊のFA人的補償で巨人から獲得

フィル・クライン投手(27) 201センチ、116キロ、右投げ右打ち。年俸1億5000万円の1年契約で背番号は未定。今季はレンジャーズとフィリーズに所属し、2先発を含む12試合に登板して0勝1敗、防御率6・98。通算では40試合で2勝3敗、防御率5・50

田中浩康内野手(34) ヤクルト自由契約。04年ドラフトの自由枠でヤクルトに入団し、来季でプロ14年目となる

アウディ・シリアコ内野手(29) 今季BCリーグ石川でプレー。191センチ、102キロの右打ちの長距離砲。石川では打率3割3分2厘、15本塁打、53打点をマーク

スペンサー・パットン投手(28=カブス) 最速154キロの速球と切れのあるスライダーを武器とする。メジャー通算でもイニング数(54回2/3)を上回る58三振を記録しているが、マイナーレベルではその能力は突出している。今季守護神として11セーブを挙げた傘下3Aアイオワで驚異的な奪三振率(14・75)をマークし防御率0・75と圧倒的な成績を残した 

ジョー・ウィーランド投手(26=マリナーズ) 188センチ、93キロの右腕。08年にドラフト4巡目でレンジャーズに入団。12年にパドレスでメジャーデビューし、通算4シーズンで12試合(うち先発10試合)に登板して1勝6敗、防御率6・32の成績を残した。今年はマリナーズで1試合先発にとどまったが、マイナーでは26試合(うち先発24試合)に登板して14勝6敗、防御率5・43をマーク

ドラフト9人、育成1人指名詳細


阪神

糸井嘉男外野手(35) FAでオリックスから移籍

ロマン・メンデス投手(26=レッドソックス傘下3A) 150キロを超す直球が武器で、スライダーもキレ味が鋭い。今季はメジャー登板がなかったが、3Aで32試合に登板。64回で59奪三振

エリック・キャンベル内野手(29=メッツ) 右打ちの三塁手。14年にメジャーデビューし、以後3年間で196試合、97安打、7本塁打、44打点、打率2割2分1厘。今季はメジャー40試合で打率1割7分3厘、1本塁打に終わったが、3Aでは83試合出場で打率3割1厘、7本塁打を記録していた

柳瀬明宏投手(33) ソフトバンク戦力外。プロ11年で216試合11勝6敗8セーブ63HP、防御率3・00を記録

ドラフト8人指名詳細


中日

ホルヘ・ロンドン投手(28=ホワイトソックス傘下)メジャー通算13試合ながら、160キロ近い球速とメジャーでも武器だった高速スライダーが魅力の右腕。先発も中継ぎもできるタイプ。ベネズエラ出身。5000万円プラス出来高払い。背番号91。186センチ、99キロ

エルビス・アラウホ投手(25=マーリンズ) ベネズエラ出身・メジャー2年で72試合登板。左投げ左打ち。年俸8000万円プラス出来高払い。背番号49。身長2メートル、体重125キロの巨漢

アレックス・ゲレーロ内野手(30=ドジャース)右投げ右打ち、182センチ、99キロ。球団発表によると趣味は「ドミニカ風マージャン」。15年にド軍で11本塁打を放ったパワーがあり、三塁なども守れる。キューバから亡命し、13年にドジャースと4年30億円超で契約し話題になった

岩崎達郎内野手(31=前楽天) 育成契約。5季ぶりの中日復帰

ドラフト6人、育成1人指名詳細


ヤクルト

ロス・オーレンドルフ投手(34=レッズ) 193センチ、108キロ、右投げ右打ち。今季は64試合に登板。年俸150万ドル(約1億7600万円)の1年契約で背番号34。先発候補として期待。プリンストン大の出身で、速球とシンカーを武器に高い奪三振率を誇る。通算成績は209試合に登板し30勝41敗、防御率4・82

榎本葵外野手(24=前楽天) トライアウトを経て獲得。背番号64

プレストン・ギルメット投手(29=タイガース傘下3A) 背番号61。1年契約で年俸は6700万円プラス出来高払い(推定)。188センチ、90キロの右腕。150キロ近い速球と勝負球スプリットが魅力のリリーバータイプ。メジャー通算は19試合で防御率8・22だが、マイナー通算は340試合で防御率2・69。奥村編成部国際グループ部長は「タイプ的には、(ソフトバンク)五十嵐亮太みたいな感じ。真上から投げおろす、角度がある投手。コントロールもいい。抑え候補の1人とも考えている」と説明

ディーン・グリーン一塁手(27=タイガース傘下3A) 背番号40。1年契約で年俸は推定5000万円。193センチ、115キロの巨漢体形で、左打ちの長距離砲。メジャーの経験こそないが、今季3Aと2Aで130試合に出場し、打率2割9分6厘、23本塁打、108打点を記録。マイナー通算6シーズンで、打率3割6厘をマークするなど確実性も兼ね備える

デービッド・ブキャナン投手(27=フィリーズ3A) 背番号28。メジャー通算35試合で8勝をマーク。191センチの長身から150キロ近い直球と多彩な変化球を投げ、制球力も高い。先発ローテーションの一角として期待される

ドラフト6人指名、育成1人指名詳細


日本ハム

エドウィン・エスコバー投手(24=インディアンス) 188センチ、102キロの左腕。推定年俸9000万円プラス出来高払いの1年契約、背番号は42。14年にメジャーデビュー。昨季はダイヤモンドバックスで先発2試合、リリーフで23試合に登板し、1勝2敗だった。ベネズエラ出身

村田透投手(31=インディアンス3Aコロンバス) 07年の大学・社会人ドラフト1巡目で巨人に入団。巨人では1軍で結果を残せなかったが、11年の渡米以降はマイナーを中心に実績を積み上げ、昨年6月28日オリオールズ戦ではメジャーデビューも果たした。今季は3Aで開幕当初は救援、シーズン途中から先発を任され、33試合に登板し9勝4敗4セーブ、防御率3・78だった

大田泰示外野手(26) 巨人から交換トレードで獲得

公文克彦投手(24) 巨人から交換トレードで獲得

ドラフト9人指名詳細


ソフトバンク

カイル・ジェンセン内野手(28=ダイヤモンドバックス) 左投げ右打ちで長打力が売り。190センチ、109キロの巨体で今季メジャーデビューし2本塁打を放っている。3Aでは09年から16年で通算89本塁打をマーク

ドラフト4人、育成6人指名詳細


ロッテ

ジミー・パラデス内野手(28) 昨季はブルージェイズ、フィリーズでプレー。1年契約で、推定年俸は120万ドル(約1億3800万円)。背番号は未定。ドミニカ共和国出身で、一塁、三塁、遊撃、左翼を守る。右投げ両打ち。191センチ、91キロ。メジャー通算332試合、20本塁打、100打点、打率2割5分1厘。15年にはオリオールズで自己最多104試合に出場し、10本塁打、42打点、打率2割7分5厘を残した 

猪本健太郎内野手(25=前ソフトバンク) 入団テスト合格

柴田講平外野手(30=前阪神) 入団テスト合格

三家和真外野手(23=前BC石川) 入団テスト合格

マット・ダフィー内野手(27=アストロズ) 米大リーグで通算11試合に出場して打率2割7分3厘。昨季は3Aで打率2割9分4厘を記録

ドラフト7人、育成2人指名詳細


西武

アレクシス・キャンデラリオ投手(34) 背番号68。ドミニカ共和国、メキシコ、パナマ、ニカラグア、イタリア、ベネズエラ、米国の各リーグでプレー。日本は8カ国目となる

フランク・ガルセス投手(26) 今季はパドレス傘下3Aエルパソで37試合に登板し、うち18試合で先発し6勝8敗。メジャーでは昨年パドレスで40試合に登板するなど、通算55試合で0勝1敗。推定年俸6000万円プラス出来高払いの1年契約

ブライアン・シュリッター投手(30) 元カブス。61試合に登板した14年当時は、立派なひげが「投げるキリスト」「のんびりしてるとひげがベルトまで伸びる」などと話題になったという

ドラフト6人指名詳細


楽天

小山雄輝投手(27) 巨人との交換トレードで獲得

岸孝之投手(31) 西武からFA。06年大学・社会人ドラフト希望枠で西武に入団。1年目の07年、西武の新人では松坂以来となる2ケタ勝利(11勝7敗)。08年巨人との日本シリーズでMVPを獲得。14年ロッテ戦で史上78人目のノーヒットノーランを達成した

岸(中央)の楽天入団会見を行いフォトセッションで手を合わせるも立花球団社長(左)の手を長く触ることを冗談で嫌がる星野球団副会長(撮影・江口和貴)
岸(中央)の楽天入団会見を行いフォトセッションで手を合わせるも立花球団社長(左)の手を長く触ることを冗談で嫌がる星野球団副会長(撮影・江口和貴)

細川亨捕手(36) ソフトバンク自由契約。西武、ソフトバンクでの通算15年間で1374試合に出場し、6度のリーグ優勝を経験した青森出身のベテラン

フランク・ハーマン投手(32=フィリーズ) MBAを所得したハーバード大卒という異色の経歴を持つ、身長193センチの救援右腕。今季はメジャー14試合で1勝2敗、防御率8・40。メジャー通算は109試合で5勝3敗、防御率4・72 

ドラフト10人、育成4人指名詳細


オリックス

金田和之投手(26) 糸井のFA人的補償で阪神から獲得

マット・ウエスト投手(28=ドジャース3A) リリーフ候補。背番号29。推定年俸40万ドル(約4400万円)

フィル・コーク投手(34=パイレーツFA) 先発候補。背番号25。推定年俸100万ドル(約1億1000万円)

ゴンザレス・ヘルメン投手(29=ロッキーズFA) リリーフ候補。背番号42。推定年俸50万ドル(約5500万円)

ステフェン・ロメロ外野手(28=マリナーズ) メジャー通算4本塁打、17打点を残した右の長距離砲で、メジャーでの守備機会は右翼が最多。FAで阪神に移籍した糸井の代役として期待。背番号9

ダリル・ジョージ内野手(23=独立L新潟) 育成契約。背番号120。オーストラリア出身

ドラフト9人、育成5人指名詳細