日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

ブラウン監督セ最多6度目退場で広島全勝

7回表無死一、二塁、抗議するブラウン監督はホームベースを埋める
7回表無死一、二塁、抗議するブラウン監督はホームベースを埋める

<横浜1-2広島>◇26日◇横浜

 広島マーティー・ブラウン監督(45)が横浜戦の7回、球審に暴言を吐いたとして退場処分を受けた。今季初の退場で、通算6度目。星野仙一(中日、阪神)を抜いてセ・リーグ最多記録となった。しかし、同監督の退場試合で広島は6戦全勝。思わぬ「ブラウン退場マジック」となった。

 「退場!」のコールでボルテージは最高潮。ファンの期待に応えるように? 背番号71は足でホームベースに砂をかける。はいつくばって土を集めベースを完全に隠してしまった。さらに帽子を投げ捨てた。

 0-0の7回。無死一、二塁で前田智がバントの構えからバットを引いた。谷球審は「スイング」の判定。前田智が「引いた、引いた」と抗議した瞬間、ブラウン監督が飛び出してきた。球審に顔を近づけて猛抗議、退場処分を受けた。新人の小窪は「テレビと一緒や…」と絶句。退場は褒められたことではないが、ナインを鼓舞したことは確か。前田智は結局、安打で続き、無死満塁からシーボルが右越え適時打。三浦から先制の1点を奪った。

 シーボルは「熱い気持ちになったよ」という。米国時代からブラウン監督を知るリブジー代行監督は「彼がいなくなるときはいつも試合のポイント。退場になってでもカツが必要だと感じていたんじゃなかな」。偶然かは不明だが、6試合とも勝ちに導いたのは事実だ。【柏原誠】

 [2008年4月27日9時21分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

マーティー・ブラウン








日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです