日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

矢野不敗神話!適時打24連勝1発14連勝

先制弾とダメ押し打の矢野は声援に手を振って応える(撮影・田崎高広)
先制弾とダメ押し打の矢野は声援に手を振って応える(撮影・田崎高広)

<横浜0-7阪神>◇4日◇横浜

 胸元を襲う内角直球を、思い切り振り抜いた。打球は横浜の夜空に高々と舞い上がる。0-0の4回、阪神矢野輝弘が同学年の先発下柳剛へ贈る先制の2号ソロ。“女房役”として下柳を援護したい一心だった。

 「きょうもシモが頑張ってくれていたし、何とかしたいと思っていた。差し込まれたというか、打球が上がったけど、逆に上がったのがよかったのかな。1点では安心できないけど、先に点を取れたしね」

 5月7日の巨人戦(東京ドーム)以来、約2カ月ぶりのアーチ。そのときも先発のマウンドには、下柳がいた。守っても、抜群の呼吸で巧みなリード。ベテランバッテリーは、7回まで0を並べ、下柳には今季8勝目がついた。

 「シモは最高のピッチングやった。体調が良くて、球も走ってたんで、逆に心配やったよ。試合の中でも自分なりに修正をしてくれた。さすがだよ」

 矢野もさすがだった。7回に右前打を放つと、9回にもレフト前にタイムリー。JFKを休ませるダメ押しの4点目で、試合を決定づけた。そして自らも今季7度目の猛打賞。打率を2割8分まで上昇させた。これで矢野が適時打を放った試合は1つの引き分けをはさみ、24連勝となった。そして本塁打を放った試合も、1分けをはさみ14連勝。矢野の“不敗神話”も終わらない。【福岡吉央】

 [2008年7月5日11時7分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは










日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです