<広島1-11ソフトバンク>◇6日◇マツダスタジアム

 43イニング連続無失点の記録を作った広島大竹寛投手(26)が、今季最短の2回6失点でKOされた。2回、オーティズの中前適時打で6点目が入ると、スタンドから弁当まで飛んでくる始末。左翼のフィールドには具が飛び散って、試合は中断。大荒れの投球に「打たれた球は高いですし。スライダーも悪くてはっきりボールになってしまった。チームに申し訳ない」。前回登板で記録が途切れたが「切り替えはできていました。今日は今日と思っていた」と言い訳はしなかった。

 [2009年6月7日11時31分

 紙面から]ソーシャルブックマーク