日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

雄星10秒かけ1球「藍流フォーム」トレ

日記を書く

フォームを確かめながらネットピッチを行う雄星(撮影・亀山泰宏)
フォームを確かめながらネットピッチを行う雄星(撮影・亀山泰宏)

 西武ドラフト1位ルーキー菊池雄星投手(18=花巻東)が「藍流練習」で実戦デビューに備える。雄星は29日、西武第2球場で自主トレを行い、女子プロゴルファー宮里藍(24)からヒントを得た超スローフォームの練習を披露。2月8日から11日の予定で高校の試験のため一時春季キャンプを離れるが、藍流トレで11日からの実戦形式の準備を整える。宮崎・南郷-岩手・花巻の片道約1200キロを往復する強行日程だが、黄金ルーキーはそれすら糧にする。

 ゆったりとしたフォームにこそ、こだわりがあった。ランニングを終えて室内練習場に入った雄星は、ネットに向かってボールを投げはじめた。右足をゆっくり上げ、時には途中で静止したりしながら、超スローモーションで黙々と投げ続けた。「ゆっくりしたフォームの方が難しいんです。筋肉の重さやどこに力が入ってるかが分かる」と説明した。

 きっかけは高校2年の時に、テレビで見た女子プロゴルファー宮里藍の特集番組だった。「宮里さんは練習で1分くらいかけてスイングをするみたいです。自分もその時はちょうどスランプで、確かにそうだなと思いました」。07年にスランプに陥った宮里が取り組んだ「太極拳スイング」。それをヒントに高校時代からスロー練習を取り入れ、10秒ほどかけて投げることもある。「(いきなり)速いフォームで投げることは簡単。ゆっくりなフォームで投げる感覚に、速いフォームを一致させないとダメですから」と理想のフォームを追い求め、ゆっくりと腕を振り続けた。

 春季キャンプ中の8日には、学年末試験のため一時花巻に帰り、再び宮崎に戻るのは11日の予定。長距離移動にも「(遠征が多いことでの疲労が)一番心配なことなので、いい経験です」と前向きだ。11日にはシート打撃が予定され、実戦形式の練習が始まる。渡辺監督は「帰ってきたらすぐ実戦登板? 状態を見てから」と慎重だが、雄星は「早く実戦で投げたいので、花巻でも練習します」と意欲を見せた。藍流練習法で調整を続け、実戦デビューの時を待つ。【亀山泰宏】

 [2010年1月30日8時52分 紙面から]


関連ニュース




キーワード:

菊池雄星

このニュースには全0件の日記があります。








この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  大嶺兄が弟翔太に苦言「プロなめてる」 - 野球ニュース
  2. 2  【西武】雄星チョコに「ニキビ増える」 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです