日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

ロッテ清田「中日キラー」弾

日記を書く

2点本塁打を放ち生還した清田は荻野貴とタッチを交わす
2点本塁打を放ち生還した清田は荻野貴とタッチを交わす

<オープン戦:中日3-3ロッテ>◇27日◇北谷

 また打った。ロッテ清田育宏外野手(25)が、2試合連続のオープン戦2号を放った。2点を追う7回2死一塁。中日岡田の真ん中に入った直球を豪快に振り抜いた。「打った瞬間、入ったと思った。いい感触だった」。逆風を突いて左翼席に飛び込んだ一撃は推定飛距離120メートル。試合を振り出しに戻す値千金の1発だった。前日の日本ハム斎藤との初対戦では力んで凡退してしまったが、ここ一番での勝負強さが清田本来の姿だ。

 中日とは昨季の日本シリーズ以来の対戦。通算6打点の新人タイ記録をマークし、シリーズ制覇に大きく貢献した。この日も貴重な同点弾。「中日相手ということは意識はしていない」と謙遜するが、中日ファンにとって「清田」は聞きたくもない名前だろう。

 清田も「ポスト西岡」を期待される1人だ。紅白戦も含めて、ここまで5試合の実戦で1番に座った。「1番は光栄。西岡さんと比べれば雲泥の差だけど、僕の持ち味である『甘く入ったら1発がある』というのを出していきたい」。長打も打てるトップバッターをアピールし、中堅の定位置争いを勝ち抜く構え。「もう26歳で若くはないですからね。試合に出ていかないと、人生短くなっちゃいます」。報道陣の笑いを誘いながらも、表情は真剣そのものだった。【鈴木良一】

 [2011年2月28日9時19分 紙面から]



関連ニュース





このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  【ロッテ】荻野貴ミス反省「頑張ります」 - 野球ニュース
  2. 2  【ロッテ】4番金が先制の内野安打 - 野球ニュース
  3. 3  1番長野、3番坂本「近未来打線」 - 野球ニュース
  4. 4  【横浜】山本「情けない」初回失点悔やむ - 野球ニュース
  5. 5  気分はもう公式戦、横浜開幕連勝 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです