このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > バトル > ニュース


バトルメニュー

永田が脳梗塞の疑いも異常なく検査継続へ

 脳梗塞(こうそく)の疑いで、17日の両国大会を急きょ欠場した新日本の永田裕志(39)が18日、今後1週間は検査と休養に充てることを明かした。この日、都内の病院で精密検査を受けた永田は「目まいやふらつきはなく、しびれもない。ただ頭がくらっとする部分はある」と話した。頸椎(けいつい)のエックス線検査は特に異常がなく、血流障害の検査結果は21日までに出る予定。

 永田は両国大会の試合前に目まいと左半身のしびれに見舞われ、出場をキャンセル。脳梗塞の疑いで病院に直行し、CTスキャンとMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けた。異常はなかったが、この日、あらためて専門医の診察を受けた。新日本は次期シリーズ(3月9日~30日)の対戦カードに永田を暫定で入れている。優勝するとIWGP王者中邑真輔(27)への挑戦権が得られるトーナメントだが、永田は「優勝して中邑と戦いたい」と気丈に話した。

[2008年2月19日8時50分 紙面から]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー

「永田が脳梗塞の疑いも異常なく検査継続へ」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ