映画「ギララの逆襲

 洞爺湖サミット危機一発」(河崎実監督)の初日舞台あいさつが26日、新宿ピカデリーで行われた。主演加藤和樹(23)は「周りを気にせず笑える、いい意味でくだらない作品です。命がけでまじめにやってます」とあいさつした。河崎監督も「生きてきたすべてをかけました」。ほかにコント集団のザ・ニュースペーパー、主題歌を歌うデブパレードが出席した。