このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 芸能 > シネマ > ニュース



「海猿」チームがモーグル映画製作

 興行収入70億円を超える今年の実写映画最大のヒット作「LIMIT OF LOVE 海猿」の製作チームが、新作「銀色のシーズン」を手掛けることが8日、分かった。スキーのモーグルを通して人生の再生、友情や恋を描いた青春群像劇。瑛太(23)田中麗奈(26)玉山鉄二(26)が出演する。

 「海猿」は海上保安庁の潜水士の活躍を描いたが、今回は海底から一気に浮上。舞台は雪山になる。羽住英一郎監督(39)は「挑戦のイメージが強いモーグルを通して、1歩踏み出そうという生き方を描きたかった」。

 来年1月から約3カ月間、長野・白馬村でオールロケ。「雪山だから『海猿』よりも不確定要素がさらに出てくる」(羽住監督)と天候を見ながらの撮影になる。東京に戻らなくてもいいよう、同村の体育館内にセットも造る予定だ。

 関係者は、里谷多英と上村愛子のモーグル両選手の出演について「スキーヤーとしての出演はない」と断言。ただ、上村に関しては「映画に出たいという話もあったので、例えば近所のお姉さん役などであれば」と話しており、サプライズ出演の可能性も。07年冬東宝系で公開予定。

[2006年12月9日7時25分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ