発行累計6000万部、映画化もされた大ヒット漫画「進撃の巨人」などを世に送り出した敏腕編集者が、殺人容疑で逮捕された。自宅で妻を殺害したとして、警視庁捜査1課は10日、大手出版社講談社の青年コミック誌「モーニング」編集次長、韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41=東京都文京区)を逮捕した。同課によると、容疑を否認しているという。自宅周辺では事件前、4人の子どもと仲良く歩く夫妻の姿が目撃されていた。

 「進撃の巨人」、「聲(こえ)の形」「七つの大罪」など、数々のヒット作を手がけた講談社の「コミック部門のエース」が、殺人容疑で逮捕された。

 逮捕容疑は昨年8月9日未明、文京区千駄木の自宅で、妻佳菜子さん(当時38)の首を圧迫し、窒息死させた疑い。捜査1課によると、朴容疑者は「間違っています。妻に手を掛けるようなことはしていません」と容疑を否認している。

 捜査関係者によると、逮捕前の任意の事情聴取に「妻が子育ての愚痴を言っていたので夫婦間でトラブルになった」と話していたことも判明。捜査1課はこのトラブルが原因になった可能性があるとみている。

 事件は、当日の午前2時45分ごろ、自宅階段の下で「妻が倒れている」と朴容疑者が119番通報し、発覚。佳菜子さんが死亡した経緯について、「階段から落ちた」「階段で(朴容疑者の)ジャンパーで首をつって自殺した」と説明が変遷するなどしたため、捜査1課が調べていた。

 捜査関係者によると、ジャンパーから妻のDNA型が検出されず、首をつっていたとする付近から尿反応が出ていないなど不自然な点を確認。同課は朴容疑者が、虚偽の説明をしていたとみて調べている。また、佳菜子さんの首には絞められたような内出血の痕が見つかり、自殺の動機や遺書がなかったことも判明した。一家は子ども4人と夫妻の6人暮らしで、何者かが侵入した形跡もなかった。

 朴容疑者は1999年に入社し、「週刊少年マガジン」の副編集長などを経て、「進撃の巨人」などのヒット作を生み出した「別冊少年マガジン」の創刊と編集を中心的に担っていた。現在は「モーニング」の編集次長。同僚や漫画家から「気さくで誰からも好かれる面倒見の良い人。実績もあるのにひけらかすこともない」と信頼も厚かった。社内では将来的には役員候補と目されていたという。

 敏腕編集者として活躍する一方、育休制度を利用し、積極的に子育てに関わった。ツイッターで夫妻の幼い子どもとのやりとりを紹介したり、写真を載せたり、家族仲がいい様子をうかがわせた。事件後、同僚に妻の死を明かしたが、死因については触れていなかったという。

 講談社広報室は朴容疑者の逮捕を受け、「本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処する」とのコメントを発表した。