東京都文京区の自宅で妻(38)を殺害したとして、講談社の編集次長朴鐘顕容疑者(41)が殺人容疑で逮捕された事件で、1階寝室のマットレスから妻のものとみられる血液混じりの唾液が検出されていたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は12日、朴容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、寝室からは妻のものとみられる尿反応も確認されており、捜査1課は寝室で首を絞められた際にこうした唾液が出た可能性があるとみて調べている。

 朴容疑者は逮捕前の任意聴取に「妻は育児ノイローゼになり、自暴自棄になっていた」と説明していることも判明。事件直前に朴容疑者が帰宅するまでの間、妻佳菜子さんが電話やメールで「子どもが4人いるから忙しい」「自分のことができない」などと子育てに関する悩みを訴えていたと話した。

 「帰宅後もトラブルになり、妻が包丁を持ち出し、もみ合いや取っ組み合いになった。収まった後、気付いたら妻が(朴容疑者の)ジャケットで首をつっていた」とも説明しているという。

 一方、佳菜子さんは約3年前、文京区の子ども家庭支援センターに「夫が子育てを手伝ってくれない」「夫から暴力を振るわれている」と相談していた。友人らにも打ち明けていたという。

 事件は昨年8月9日午前2時45分ごろ、朴容疑者が119番して発覚。朴容疑者は同日午前1時すぎに帰宅したと話しており、その間に事件が起きたとみられる。(共同)