第7管区海上保安本部(北九州市)に入った連絡によると、長崎県五島市・福江島の南の海域で、北朝鮮籍の貨物船チョン・ゲン(6558トン、26人乗り組み)が浸水し、12日午前5時45分ごろに沈没した。乗組員は全員北朝鮮国籍で、日本の巡視船2隻が救助し無事だった。

 11日午後4時55分ごろ、福江島の南西約60キロの公海で、付近を航行中の船から「貨物船の遭難警報を受信した」と7管本部に連絡が入った。

 巡視船や航空機を使って救助活動を開始。乗組員は救命ボートで脱出、けがはなかった。福江島の南東約30キロの海域で完全に水没した。油漏れは確認されていない。

 7管本部によると、貨物船は北朝鮮の南浦から元山にコメを運ぶ途中だった。コメを入れた四つの倉庫のうちの一つが浸水して船が傾き始めたという。7管本部が乗組員から当時の状況を聴くなどして詳しい原因を調べている。(共同)