ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は12日、日本の映画やアニメなどをテーマにした期間限定のイベント「ユニバーサル・クールジャパン2017」のアトラクションを招待客らに公開した。一部を除き13日から6月25日まで。目玉は初めて導入する「ゴジラ」を題材にしたアトラクションだ。

 クールジャパンは15年から毎年実施し、3度目の開催。海外でも人気のアニメなどの世界観を体験できるアトラクションをそろえ、外国人観光客の拡大にもつなげたい考えだ。

 ゴジラのアトラクションは劇場で立体的な映像と連動して風が吹いたり、いすが動いたりすることで迫力を演出した。

 漫画「名探偵コナン」の脱出ゲームも新設。謎を解き、犯罪組織が仕掛けた時限爆弾を解除するストーリーが楽しめる。「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」、「モンスターハンター」のアトラクションも内容を一新した。

 12日のセレモニーでは元プロテニス選手の松岡修造が登場し「久々に心が震え上がった」と語った。(共同)