稲田朋美防衛相は4日、マティス米国防長官と防衛省で初会談した。

 日本による米軍駐留経費負担は議論にならず、マティス氏は会談後の共同記者会見で「日本はコストや負担の共有に関してモデルとなってきた。他国が見習うべきお手本だと言える」と評価した。稲田氏は会見で、日米同盟に関し「わが国とアジア太平洋地域の平和と安全確保のために重要で、抑止力と対処力を一層強化するため連携していくことを確認した」と述べた。防衛省によると、会談は約85分間。