福岡県警西署は25日、小児切符でJR列車に乗ろうとしたとして、電子計算機使用詐欺未遂の疑いで福岡市西区、無職島田雄一容疑者(31)を現行犯逮捕した。「節約したかった」と話しているという。

 署によると、島田容疑者はJR今宿駅(西区)の自動改札機を通過した際に男性駅員(25)から呼び止められた。この駅の改札機では小児切符を使った場合、矢印マークが点滅する仕組みになっていた。

 逮捕容疑は25日午後0時14分ごろ、100円の小児切符で今宿駅の改札を通過し、大人運賃210円との差額110円を不法に得ようとした疑い。パチンコをして自宅に帰る途中だった。(共同)