稲田朋美防衛相が2004年12月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが13日、関係者への取材で分かった。稲田氏は14日、閣議後の記者会見で、出廷していたと推測できると説明した。ただ出廷の記憶はなく、国会で「裁判を行ったこともない」とした答弁は虚偽ではないと強調。出廷が確認できれば答弁を訂正するとした。自身の政治責任については否定した。

 稲田氏は「事件を受任し顧問弁護士だったということはない」とも答弁していた。民進党は記録の内容に関し「国会答弁と百八十度違う内容だ」(民進党幹部)と反発。国会で追及する構えだ。

 稲田氏は会見で、法廷への出廷に関し「都合が付かない夫の代わりに出廷したことがあるのではないかと推測している」と説明。自身の出廷は「全く記憶にはない」と強調。国会答弁との整合性に関しては「私の記憶に基づいた答弁で、虚偽との認識はない」とした。

 自身の政治責任についての質問には「この件で責任を取るということではないのではないか」と述べ、否定した。

 学園は04年10月、大阪市淀川区の土地と建物の抵当権抹消登記請求訴訟を大阪地裁に起こした。その際、訴状の原告訴訟代理人には稲田氏と夫の龍示氏らの名前が記されていた。地裁が作成した第1回口頭弁論の調書にも稲田氏の名前が「出頭した当事者等」に記載されていた。

 民進党の小川敏夫参院議員会長は13日の参院予算委員会で、学園が関係する民事裁判の準備書面に、訴訟代理人弁護士として稲田氏と夫の名前が記されていると指摘。稲田氏は「籠池氏夫妻が『法律相談をしていただいた』と言うのは全くの虚偽だ」などと答弁した。

 稲田氏は1985年に弁護士登録し、夫妻で大阪市内の法律事務所に所属していた。2005年8月に小泉純一郎首相(当時)による郵政解散総選挙に福井1区から出馬し、初当選した。(共同)