兵庫県警飾磨署は20日、強盗未遂容疑で、住所不定、無職の男(25)を逮捕した。男は乗車したタクシーで金を奪おうとしたが、運転手に説教され、その後、食事をごちそうになり、自首を決めたという。

 逮捕容疑は、19日午前1時ごろ、同県姫路市内の路上で停車したタクシー内で、男性運転手(66)の髪をつかみ、鋭利な金属を突きつけ「金を出せ」と脅迫し、金を奪おうとした疑い。同署によると、男は18日に姫路市内の更生保護施設を出て、出身地の東北方面に帰る予定だったという。

 男はタクシー運転手から「若いんやからこんなことしたらあかん」と戒められ、その後、近くのファミリーレストランで食事をおごってもらった。運転手は「仕事があるから」とまもなく店を出たが、男は改心したのか、その日の午後2時半ごろに姫路市内の交番に自首したという。同署によると所持金は24円だった。