神奈川県警小田原署は16日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、山梨県富士河口湖町、フリーライター新井由己容疑者(51)を逮捕した。

 新井容疑者は、ハンバーガーなど同じ物を広く食べ歩き、地域の文化を考察する活動をしていた。「おでん研究家」としても知られる。

 逮捕容疑は3月26日午後7時15分ごろ、神奈川県湯河原町吉浜の国道135号で軽ワンボックスを運転中、横断していた近所の無職森田としさん(88)をはねて走り去り、死亡させた疑い。

 署によると「人らしき物にぶつかった認識はあるが、動揺して今まで申告できなかった」と容疑を認めている。現場は片側2車線の直線で、信号や横断歩道はなかった。(共同)