米CNNテレビなど欧米メディアは12日、情報セキュリティー会社の話として、大規模なサイバー攻撃が欧州や日本を含むアジアなど99カ国で確認され、計7万5千件に上ったと報じた。英国各地の病院でコンピューターが一斉にダウンしたほか、ロシアやウクライナ、台湾でも被害が大きいとしている。

 攻撃を受けたのは、米IT大手マイクロソフト社の基本ソフト(OS)ウィンドウズを使った端末。データを暗号化して読めなくし、復旧と引き換えに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるウイルスが使われたとみられ、マイクロソフトは12日、ウィンドウズを保護するため、防御措置を講じたとの声明を出した。

 約40の病院などで被害が出た英国のメイ首相は「英国の病院を標的にしたものではなく国際的な攻撃だ」と指摘。トルコ、ベトナム、フィリピン、中国、イタリアでも被害が確認されており、さらに広がる恐れもある。

 英BBC放送は「シャドーブローカーズ」と呼ばれるハッカー集団が関与しているとの専門家の見方を伝えた。同集団は4月、米国家安全保障局(NSA)が開発したとみられるマルウエア(悪意のあるソフト)を公開したことが報じられており、NSAのハッキング技術が悪用された可能性がある。

 AP通信によると、ロシアでは内務省のコンピューター約千台が攻撃を受け、政府の捜査機関や大手携帯会社にも被害が出た。スペイン国内の企業数社や米物流大手フェデックスにも同様の攻撃があったほか、ルーマニアの情報機関は政府機関への攻撃を阻止したと明らかにした。

 攻撃を受けたコンピューターでは、仮想通貨「ビットコイン」で300ドル(約3万4千円)を支払うよう求める表示が出た。(共同)