2011年1月、チュニジアの首都チュニスを中心とした民主化を求める市民の大規模デモなどで、ついに23年間独裁政治を続けていたベンアリ大統領が国外逃亡した。いわゆる「ジャスミン革命」で、その後の「アラブの春」の発端となった。突然のニュースに、妻が現地在住の友人と連絡を取ったが、むしろ事態を歓迎している様子だった。その4年前に知り合った友人カウターさんを訪ね、政変が起こる2カ月前の2010年11月、行ってみた。

 チュニス都心部の大通り、ブルギバ通りに面したホテルで待ち合わせた。案内してくれたのが、メディナと呼ばれる旧市街地。イスラムの都市の多くには、こうしたメディナが残っており、さまざな物を売る小さな店がびっしりと連なるスーク(市場)が主になっている。「迷ったら分からなくなるから、離れないでね」とカウターさん。メディナの入り口、かつてはそこまで海だったというフランス門から路地に入った。モロッコの迷宮都市のような規模ではないというが、曲がりくねった小さな路地が多く、十分迷いそうだ。

メディアの入り口、フランス門
メディアの入り口、フランス門

 のっけから、日本語で声を掛けられる。「コニチワ」「ドウイタマシテ」「オオキニ」などのあいさつ系や、間違って「ニーハオ」とか、値段の連呼のほか、なぜか「ナカタ」。2002年、サッカーW杯予選リーグで日本に敗れたチュニジア。その時に覚えたのだろうか。どう返事したものか。いきなり「サラバジャ」と言われたので「サラバジャ」と笑って返した。路地には土産や日用品、食べ物を売る店が軒を連ねる。入り口付近には観光客目当ての雑多な土産物店が多いが、売り物によって店がある程度固まっているのが特徴といい、帽子店ばかり、クツ店ばかりなどという一角も。値段を比較するには便利ではある。カウターさんの説明を聞きながら人込みの中を進んだが「ここは見た方がいいわよ」とカウターさんが妻を引き留めたのが、金製品の店が建ち並ぶ一角。2人であれこれ品評会をしていたようだが、少し離れていたので詳しくは分からない。

路地には土産や日用品、食べ物を売る店が軒を連ねる
路地には土産や日用品、食べ物を売る店が軒を連ねる
売り物によって店がある程度固まっているのが特徴
売り物によって店がある程度固まっているのが特徴

少し横道に入ると、喧噪がウソのように静かになる。小さなモスクがあったり、バイオリンの絵が描いてあるドアは音楽教室だったり。ただ、普通の民家もたくさんあるので、むやみにのぞくのはやめた方がいい。カウターさんも元々メディナに住んでいて、実家の名前がついた路地が今でも残っている。このメディナ、イスラム圏に組み込まれた7世紀から建設が始まり、15世紀には今の形になったという。独特のチュニジアン・ブルーに塗られた扉も目に付く。

少し横道に入ると、喧噪がウソのように静かになる
少し横道に入ると、喧噪がウソのように静かになる
普通の民家もたくさんある
普通の民家もたくさんある

 「ここに入りましょう」と連れて行ってくれたのが、9世紀にできたグランドモスク。普通はイスラム教徒しか入れないそうだが、入り口にいた人とカウターさんが話して、のぞかせてくれた。広い中庭が印象的で、外壁の一角に四角いミナレット。これは、スークの路地からも見え隠れしている。

グランドモスク
グランドモスク
外壁の一角に四角いミナレットが建っている
外壁の一角に四角いミナレットが建っている

近くにシディ・ヨセフ・モスクがあり、こちらは八角形のミナレットが立っている。姿としてはこちらの方が美しい。迷路のようなメディナの中で、ミナレットが見えると方向が分かり、ほっとする。狭い空だが、格好の目標になってくれるので、高い建物は覚えておこう。

シディ・ヨセフ・モスクの八角形のミナレット
シディ・ヨセフ・モスクの八角形のミナレット
夜の姿もまたいい
夜の姿もまたいい
迷路のようなメディナの中で、ミナレットが見えると方向が分かる
迷路のようなメディナの中で、ミナレットが見えると方向が分かる

 メディナを東から西に突き抜けて、いったんカスバ広場へ出て休憩後、メディナの北側へ入った。閑静な住宅街で、歴史的建造物が点在している。19世紀に建てられたハエルディン宮殿の前を通り、18世紀の提督ラスラムの邸宅(ダール)へ。タイルで飾られたり、漆喰(しっくい)の彫刻を施した壁が見事に残されている。ここにはメディナ保存協会が置かれていて、街の修復の様子のパネルが展示されている。別棟には喫茶室もあり、甘いミントティーでひと息ついた。古い町だけに、景観を損なわない修復を常に行っている。メディナは東西700メートル、南北1キロほどのだ円形の街だが、道が入り組んでいるので、けっこう歩いた感じがする。「日没までに出ないと、真っ暗になる」。多くの路地に街灯はないという。腰を上げると、夕暮れの中を急ぎ足でフランス門に戻った。

18世紀の提督ラスラムの邸宅
18世紀の提督ラスラムの邸宅
ダルベン博物館
ダルベン博物館
景観を損なわない修復を常に行っていることがわかる
景観を損なわない修復を常に行っていることがわかる

 フランス門から続くブルギバ通りを含め、国旗の小旗がいたるところに飾られていた。実はベンアリ大統領の政権23周年を祝う飾り付けだった。「お祝いですね」と言ったら「もう長いだけ」と、ちょっと顔をしかめたカウターさんの微妙な言い回し。今思えば、それが市民の感覚だったのかもしれない。その後、チュニジアはどうなっているだろうか。メディナの喧騒はたぶん変わらないだろうが。

ベンアリ大統領の政権23周年を祝う飾り付け
ベンアリ大統領の政権23周年を祝う飾り付け

◇寄ってみました◇

 チュニジアの世界遺産遺跡などから発掘、移されたモザイクをみられる「バルドー美術館」。チュニス市内にある。2010年には全館改装工事中で、2012年には終わるといっていたので、今はもうすべて見られるだろう。行ったときは通常の3分の1ほどしかみることができなかったが、完成した部屋に入ると、床にモザイクがある。すべてではないが、床にあったものは床にする、という陳列法を取っているということなので、ちょっと驚いた。ちなみにモザイクは、大理石などの自然石や、ガラス、陶器などを小さいかけらにして張り付け、色の違いを利用して絵や模様を描いたもの。ギリシア、ローマの時代に流行した。これほどモザイクを集めた博物館は世界にもないらしい。

モザイクは床に展示されていた
モザイクは床に展示されていた
自然石、ガラス、陶器などをかけらにして張り付け、色の違いを利用し絵や模様を描いたもの
自然石、ガラス、陶器などをかけらにして張り付け、色の違いを利用し絵や模様を描いたもの
ギリシア、ローマの時代に流行した
ギリシア、ローマの時代に流行した
これほどモザイクを集めた博物館は世界にもないらしい
これほどモザイクを集めた博物館は世界にもないらしい