nikkansport.com @ mobile

芸能

ノンスタ井上裕介「少しずつ…前向きに」一問一答

  • TL

 昨年12月に、車を運転中にタクシーに衝突し運転手にけがを負わせた上、逃走したとして道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検され、不起訴処分となった、お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介(37)が7日、都内の吉本興業東京本部で会見を開いた。

 井上が約47分、行った謝罪会見の主な内容は以下の通り

 私が16年12月11日に事故を起こしてしまいまして、昨日、検察庁から発表があったように不起訴になりました。本来ならば、すぐにご迷惑をかけた方に直接、謝罪したかったのですが、芸能活動の停止、自宅謹慎ということもありまして直接、ご迷惑をかけた皆様に謝罪することが遅くなってしまい、まことに申し訳ございません。処分が出たこのタイミングで会社と話し、こういう場をもうけさせていただきました。

 -どんな事故だったか

 交差点の手前で、目の前のタクシーを追い抜こうとした時に、僕自身、ひょっとしたら当たったのではないかなという感じはあったのですが、どこか自分の都合のいい解釈をしてしまい、当たっていないのではないかと思い込んでしまい、その場を離れてしまいました。感覚と言いますか…運転していまして、少し違和感、おかしいなという感覚がハンドルから伝わって、ひょっとしたら当たったのではないかと。音は聞こえなかったというか、車内に音が流れていたのもありまして、そこまではっきり、明確な音は僕自身は認識できなかった。

 -同乗していたスーパーマラドーナの武智も聞こえなかった?

 武智君は、うっすらそういう音が聞こえたみたいで、先の信号で「当たったんじゃないか? 降りて確認した方がいいんじゃないか?」と言っていただいたにも関わらず、すぐ確認することを怠り、その場を離れてしまいました。少し、動揺していたのもありまして、右折レーンに入り、後ろに相手のタクシーの方が止まった時、もし当たっていたのなら運転手の方が降りてこられるだろう、「この先で止めて、話し合いしましょうか」とか、おっしゃってこられるだろうと、僕が都合のいいように思ってしまい、後ろのタクシーから動きがなく、クラクションも鳴らされることもなく、やっぱり当たってなかったんじゃないかと、都合のいいように思い込んでしまい、その場を離れてしまいました。すぐ、当たったと思った時に確認しないといけないですし、軽率な行動がたくさんの人のご迷惑をかけたと思い、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 -逃げた?

 逃げたという意識はないです。

 -止まっていたのはどれくらい?

 赤信号の間は、ずっと止まっていました。

 -信号が赤でなかったら、その場で止ることはなかった?

 -そんなことはなく、武智君に「当たったんじゃないか?」と言われた時に、ひょっとしたら、そういうこともあるかもな…止まらなければという気持ちがあった。

 -世間を騒がす、という思いはよぎった?

 その時にそう思ったとかではなく、自宅の駐車場に車を止めた時に、こすれたような跡があったのを確認しまして、違和感はひょっとしたら当たっていたんではないかと思い、結果的に現場から離れてしまったこともあり、大変なことをした。どうしたらいいんだろうという気持ちになったのは事実です。

 -誰かに相談しなかった?

 正直、どうしようという気持ちと、動揺している気持ちと、いろいろな気持ちがいっぱいで、相談するまで頭が回らなかった。夜中でしたので、誰かに電話して、聞くこともご迷惑がかかると思った。

 -警察から連絡が来て、ピンときた?

 警察から電話がかかってきました。「井上さんですよね。何でかかってきているか、お分かりですよね? 自宅の方に伺います」と言われて、その時には、やっぱり先ほどのは当たっていたんだと…自宅で(警察を)待っていました。そのまま警察にいきまして、どういう状況だったかを説明するよう言われました。

前へ 1 2 3 4 次へ
  • TL

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング

  1. 田中聖容疑者の弟樹「Mステ」出演にファンひと安心写真あり
  2. 陣内智則と二股疑惑の小林真由、同日に結婚発表写真あり
  3. 副業・全裸・タトゥー/規則守れぬ田中聖容疑者写真あり
  4. 田中容疑者依然否認 家宅捜索に“同居女性"の姿も写真あり
  5. AKB4期生が10周年公演 瓜屋茜の結婚に驚き写真あり