nikkansport.com @ mobile

社会

ピラニアの仲間襲撃 川遊び70人負傷

 楽しいはずのクリスマスが、悲しい思い出になった。アルゼンチン中部ロサリオのパラナ川で25日、川遊びを楽しんでいた市民に、ピラニアに似たどう猛な魚の大群が一斉にかみつき、70人以上が負傷した。地元メディアが26日に伝えた。7歳の少女を含む子供7人が手足の指の一部を失うなど、足首や手などに深い傷を負う人が相次いだ。真夏のアルゼンチン各地は猛暑に襲われ、中部では25日、気温が38度を超えていた。多くの市民が川で泳ぎ、クリスマス休暇を楽しんでいたという。水温の上昇が魚に影響を与えたとの見方が出ている。魚はパロメタと呼ばれるピラニアの仲間で、これまでも人にかみつくことはあったが、地元救急当局者は「大群が人を襲うのは異常だ」と驚いている。

 ロサリオは、サッカーのアルゼンチン代表FWメッシの出身地。08年にもピラニアに似た魚群の襲撃で、40人が負傷している。

おすすめ情報PR

社会ニュースランキング

  1. 関学大、小中高に爆破予告 弁護士名乗り書き込む
  2. 関学大事務員刺され死亡 妻を殺人未遂容疑で逮捕
  3. 「財布知りませんか」に小学教諭「私が取りました」
  4. 「これからと思ったのに」大学生の大和さん母涙ぐむ
  5. 舛添都知事、公用車での湯河原通い今後やめるかも