nikkansport.com @ mobile

スポーツ

明大往路2位、西監督「優勝を諦めない」

  • FacebookMessenger
  • TL

<第91回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京-箱根(5区間107・5キロ)

 66年ぶりの総合優勝を狙う明大は、「最強世代」と呼ばれた4年生の安定した走りで2位で往路をゴールした。

 2区の大六野秀畝が区間5位、3区の有村優樹主将が同2位、4区の松井智靖が同3位、5区の文元慧が同6位の走り。2年連続で1区を任されて、今大会は山登りを志願して臨んだ文元は「後半は足が止まってしまった。芦ノ湖で1番でゴールする気持ちがかなわなくて残念」と肩を落とした。トップの青学大とは4分59秒差。西弘美監督(62)は「優勝を諦めない。2位でいいという考えはない。あと5区間ありますから、5人でしっかり追っていきたい」と、復路での逆転に期待した。

 

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

  1. 大坂なおみ4大大会初の16強、杉山以来18年ぶり
  2. 大坂なおみ16強、シャラポワ敗れる 全豪OP
  3. 卓球みまひな歓喜の初優勝「通用できると確信した」
  4. 高梨、伊藤らの日本が2連勝 W杯ジャンプ団体
  5. 大坂なおみ完勝で初16強/全豪オープンスコア詳細
更新