コラム・特集

敗者の美学

敗者の美学

日本人選手はもちろん、海外の選手も含めた「敗者」の人間ドラマにスポットを当てる。

<リオ五輪:新体操>◇19日◇個人総合予選「入賞」から「メダル」へ。20年東京五輪への目標設定を、1段階上げさせてくれた誕生日前日だった。新体操個人総合予選で、日本人として04年アテネ以…[]

馬術の障害飛越個人3次予選が行われ、2次予選を26位で通過した武田は途中棄権に終わり、決勝に進めなかった。5番目の障害をクリアできず、障害物を落下させる。愛馬の状態を考え、再スタートせず…[]

<リオ五輪・バドミントン>◇16日◇女子シングルス準々決勝五輪は特別じゃなく、他の試合と同じ。みんなを喜ばせるようなプレーが出来ればいい。山口茜はそう思っていた。でも、負けると悔しさがこ…[]

<リオ五輪:飛び込み>◇15日男子板飛び込み予選が行われ、5度目の五輪出場となる寺内健(36=ミキハウス)は380・85点の20位で、上位18人による準決勝に進めなかった。競技開始直後か…[]

<リオ五輪:トランポリン>◇13日◇男子決勝「ここに立てたことがうれしかった」。トランポリン男子で6位になった伊藤は涙を隠さなかった。前回ロンドン大会4位、リオで目指した金メダル獲得はな…[]

<リオ五輪:アーチェリー>◇12日◇個人準々決勝12年ロンドン五輪の男子個人銀メダリスト、古川高晴(32=近大職)が準々決勝で涙をのんだ。エリソン(米国)にセットカウント2-6。「風を読…[]

夢の続きは東京で。新種目の7人制ラグビー男子で、日本はメダルを逃した。準決勝はフィジーに5-20で、3位決定戦は南アフリカに14-54で完敗。走り勝つスタイルで強豪国を撃破して、初実施の…[]

いつものようにバーベルを上げ、笑った。だが、スナッチ81キロ、ジャーク105キロと記録は伸びない。トータル186キロで6位に入ったが、自己ベストより13キロも届かなかった。「4年間がんば…[]

もっと見る

Sponsored

コラム・特集

日刊スポーツ・インスタグラム

@nikkansports # 
写真をもっと見る
  • 日本時間 --/-- --:--
  • ブラジル時間 --/-- --:--

日本の獲得メダル数

  1. 12
  2. 8
  3. 21
  • メダル詳細 with 金メダルサンバ隊
東京五輪2020

五輪ニュースランキング

日刊ツイッター速報