【準決勝】

 地元ブラジル、ドイツが決勝進出を決めた。


 ブラジルはFWネイマールが五輪最速得点記録となるゴールを開始14秒でを決めるなど、6-0でホンジュラスに圧勝し、4度目の決勝進出を果たした。


 ドイツはナイジェリアを2-0で破った。


 14年W杯準決勝でA代表が対戦した時は、ドイツが7-1で勝っている。


 【準々決勝】

 地元ブラジル、ドイツ、ナイジェリア、ホンジュラスが準決勝進出を決めた。


 準決勝の組み合わせはドイツ-ナイジェリア、ホンジュラス-ブラジルとなった。


 ブラジルはコロンビアを2-0で破った。前半12分にFWネイマール(バルセロナ)がFKを直接決めて先制し、後半38分にはFWルアン(グレミオ)が2点目を奪った。


 ホンジュラスは韓国に1-0で競り勝った。後半15分、自陣で相手ボールを奪ったカウンターからFWキオト(オリンピア)がドリブルで駆け上がり、ラストパスを受けたFWエリスが右足で決勝ゴールを決めた。


 ドイツはポルトガルに4-0で圧勝した。前半ロスタイムにナブリー(アーセナル)のゴールで先制すると、後半にはMFギンター(ドルトムント)、FWゼルケ(ライプチヒ)、DFマックス(アウクスブルク)が得点を重ね、守ってもポルトガルを無失点に抑えた。


 ナイジェリアはデンマークを2-0で下した。前半15分にMFミケル(アーセナル)が先制点を奪い、後半14分にはFWアミヌ(オスマンリスポル)が追加点を決めた。

 


 【1次リーグ】

 最終戦が行われ、D組はアルジェリア-ポルトガル戦、アルゼンチン-ホンジュラス戦とも1-1で引き分けとなり、ポルトガルが2勝1分けの勝ち点7で1位、ホンジュラスが1勝1分け1敗の勝ち点4で2位となった。アルゼンチンも1勝1分け1敗の勝ち点4だったが、得失点差で敗退が決定した。

 C組は韓国がメキシコを1-0で破り、2勝1分けの勝ち点7で1位。ドイツはフィジーに10-0で圧勝し、1勝2分けの勝ち点5で2位。メキシコは1勝1分け1敗の勝ち点4で敗退した。

 B組はナイジェリアが2勝1敗の勝ち点6で1位。ナイジェリアを2-0で下したコロンビアが1勝2分けの勝ち点5で2位となった。日本はスウェーデンを1-0で破ったが、1勝1分け1敗の勝ち点4で届かなかった。

 A組はブラジルが4-0でデンマークに快勝し、1勝2分けの勝ち点5で1位。南アフリカとイラクは1-1で引き分けたため、1勝1分け1敗で勝ち点4のデンマークが2位となった。