日刊スポーツ
大村ボート
舟券王決定戦

第1シーズンはモデル三木梨緒奈が優勝!回収率は200%超え

「もう素人とは呼ばせない!」。第1シーズンはモデルの三木梨緒奈が回収率218.1%で初回から1度も首位を譲らず完全優勝を決めた。素人として参戦もボートの知識をみるみる吸収。終わってみれば9戦6勝。アイルランドを撃破したラグビー日本代表並みの快進撃だった。今思えば、予想の前に繰り出すダンスは彼女なりのハカだったのか。

続いたのがオートレーサー荒尾聡だ。本業のレース期間中は予想バトルに参戦できず、9戦中参加できたのは7戦。とはいえSGレーサーの意地で回収率を157.7%まで押し上げた。第2シーズンへ追撃の態勢は万全。最後にひとまくりを決めていい。3位は元騎手の佐藤哲三。説得力十分の予想は完全にプロ。当たり前のように118.4%で好位置をキープだ。4位にはAI予想。物言わぬ存在ながら淡々と113.1%。トータル成績で上位3組に食い込んだら、最終決戦はどうする!?ここまでが回収率100%以上。舟券取れずも笑いを取れる春風亭一蔵、サカイストデンペー、勝負勘がマッチすれば上位を狙える東城りお、圧倒的なファン層をバックに健闘したシトとエドセポネ、存在意義を問われかねない日刊スポーツデスクが続いた。

第1シーズンから第3シーズンまで、トータルの回収率上位3組が決勝戦に進出。まだまだ予断を許さない戦いが続く。

一方、視聴数トップはシトとエドセポネが34,250と圧勝した。まさに追随を許さない独走トライで3万マイルをつかみ取った。2位は回収率を比例するように三木梨緒奈。くせになるダンスだけでなく、予想でも注目を集めた。3位は見ているだけで幸せな気持ちになれる東城りお。まさに眼福。さらに佐藤哲三、日刊スポーツデスク、荒尾聡、春風亭一蔵、サカイストデンペーが追走する。