日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競輪
  2. 玉野 ニッカンスポーツ杯争奪戦

玉野競輪F1 ニッカンスポーツ杯争奪戦ニュースのRSS

上位伯仲でV争いは混戦ムード

 玉野競輪F1「ニッカンスポーツ杯争奪戦」は10日から12日まで開催される。優勝争いは混戦だ。藤木裕、諸橋愛、神山拓弥、成清貴之、加藤慎平、友定祐己、大西祐ら有力級は5指に余る。伏兵では成長株の坂口晃輔、徹底先行の三田村謙祐がV争いに絡む。

ヤマコウのイチ押しは藤木裕

 東記者 このコーナーではヤマコウさん(山口幸二氏=日刊スポーツ評論家)と今シリーズを展望します。よろしくお願いします。

 ヤマコウ よろしく。早速だけど、本命には藤木裕を推したい。

 東記者 ヤマコウさんの最後のレース(12年競輪祭決勝)で、ヤマコウさんをつけて逃げた選手ですね。

 ヤマコウ そう。その時よりもずぶとくなった印象だけど、最近は少し勝ち切れてない印象。同僚の稲垣裕之や川村晃司が好調なだけに、焦りもあるやろうね。でもこの壁を乗り越えないようでは駄目。きっかけをつかんでほしいね。

 東記者 では対抗は。

 ヤマコウ 自在足がある神山拓弥かな。

 東記者 どんなレースでも最後まで諦めない粘っこい走りが印象的です。

 ヤマコウ 拓弥の必殺技はイン粘りだけど、そこにこだわるとレースが小さくなる。ここ一番でイン粘りを使うために、タテ足の強化が課題だね。

 東記者 地元の友定祐己はどうですか。

 ヤマコウ よく頑張っていると思う。地元だけにメンバー次第では藤木裕の後ろもありそう。切れ味はあるし要注意だ。

 東記者 マーク屋では誰を推奨しますか。

 ヤマコウ 諸橋愛、成清貴之の2人だね。ともにこつこつとよく頑張ってきた。最近は競走も安定しているし、諸橋は1着を貪欲に狙いにいく走りに好感が持てる。成清は競りにも動じない度胸がある。

 東記者 最後に中部代表の加藤慎平は?

 ヤマコウ 最近の話題はSKE絡みばっかりだけど、そろそろレースの方でも見せ場をつくってくれや(苦笑)。


PR情報


日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞