日本は2005年の第1回から9大会連続出場。05年に4位となり、06年は8強に進出したが、07年、08年は未勝利で敗退。09年は8強進出。隔年開催となった11年は未勝利敗退したが、13年、15年は8強にコマを進めた。


 日本は12年の日本国籍を取得後、3度目のW杯となるFP(フィールドプレーヤー)の茂怜羅(もれいら)オズ(31=東京V)が背番号10の主将としてチームをけん引する。前ビーチ日本代表監督のラモス瑠偉氏(60)が「砂のサムライ」と呼んだ、ブラジル生まれの日本代表だ。3度目のW杯に臨むが、過去2度は8強。狙うは3度目の正直となるW杯優勝だ。「大会に出る以上は優勝しか狙っていない。ただ、今回は死の組に入った。毎試合が決勝戦のつもりで戦います」と気合を入れた。


◆1次リーグ


※日本時間4月29日午前4時半


日 本
ポーランド


※日本時間5月1日午前4時半


日 本
タヒチ


※日本時間5月3日午前7時半


日 本
ブラジル


<A組>


順位チーム勝点
( )バハマ00000000
( )スイス00000000
( )エクアドル00000000
( )セネガル00000000

 4・27 エクアドル-セネガル

      バハマ-スイス

 4・29 スイス-エクアドル

      セネガル-バハマ

 5・ 1 スイス-セネガル

      バハマ-エクアドル


<B組>


順位チーム勝点
( )ナイジェリア00000000
( )イタリア00000000
( )イラン00000000
( )メキシコ00000000

 4・27 イラン-メキシコ

      ナイジェリア-イタリア

 4・29 イタリア-イラン

      メキシコ-ナイジェリア

 5・ 1 イタリア-メキシコ

      ナイジェリア-イラン


<C組>


順位チーム勝点
( )UAE00000000
( )パラグアイ00000000
( )ポルトガル00000000
( )パナマ00000000

 4・28 ポルトガル-パナマ

      UAE-パラグアイ

 4・30 パラグアイ-ポルトガル

      パナマ-UAE

 5・ 2 パラグアイ-パナマ

      UAE-ポルトガル


<D組>


順位チーム勝点
( )ブラジル00000000
( )タヒチ00000000
( )日本00000000
( )ポーランド00000000

 4・28 日本-ポーランド

      ブラジル-タヒチ

 4・30 タヒチ-日本

      ポーランド-ブラジル

 5・ 2 タヒチ-ポーランド

      ブラジル-日本


◆代表メンバー


▼GK 1 照喜名辰吾(32=琉球エリスリナ)

   12 河合 雄介(28=東京V)

▼FP 7 田畑 輝樹(37=ヴィアティン三重)

    6 小牧 正幸(34=ヴィアティン三重)

    5 飯野 智之(32=ドルソーレ北九州)

   11 後藤 崇介(31=東京V)

    4 山内 悠誠(31=琉球エリスリナ)

   10 茂怜羅オズ(31=東京V)

    3 原口翔太郎(30=東京V)

    9 赤熊 卓弥(27=ドルソーレ北九州)

    2 鈴木 将人(25=東京レキオス)

    8 大場 崇晃(24=東京V)