4月29日(土)に全11試合が行われる。


◆J2第10節の対戦


【4月29日】

岡 山(13:00)湘 南(Cスタ)

山 口(13:00)長 崎(山口維新)

愛 媛(13:00)山 形(ニンスタ)

水 戸(14:00)町 田(Ksスタ)

福 岡(14:00)東京V(レベスタ)

大 分(14:00)京 都(大銀ド)

千 葉(15:00)徳 島(フクアリ)

熊 本(15:00)横浜FC(えがおスタ)

松 本(18:00)讃 岐(松本)

岐 阜(18:00)金 沢(長良川)

群 馬(19:00)名古屋(正田スタ)


現在得点王の東京V・FWアラン・ピニェイロ
現在得点王の東京V・FWアラン・ピニェイロ

 7位までが勝ち点3差で、1節で順位が大きく入れ替わる大混戦が続いている。


 前節、連敗を止め首位に浮上した東京ヴェルディは7位のアビスパ福岡と対戦。上位同士の対戦は今節このカードだけなので、もし福岡が勝てば、他チームの結果次第では一気に首位浮上という可能性もある。前節2得点して、現在得点王の東京V・FWアラン・ピニェイロをどう抑えるかがカギになりそうだ。


 2戦で4得点とFWとして絶好調なのが京都サンガFCの闘莉王だ。今節の相手は、ここ5試合で1試合しか負けてない6位の大分トリニータ。闘莉王は守備と攻撃の“二刀流”で下位に沈むチームを鼓舞し続けている。3試合連続ゴールなるか。


 ジャパネット創業者、高田明氏が社長に就任することが決まったV・ファーレン長崎はレノファ山口と対戦。山口は18位に低迷しているが、前節は首位だった名古屋に快勝した。3連敗中の長崎だが、連敗を止めて新社長就任に花を添えたいところだ。


 2位に浮上した横浜FCは前節、FWカズが左膝負傷で欠場。今節のロアッソ熊本戦も出場回避の可能性が高い。チームの顔は不在だが、確実に勝ち点を積み上げて、このまま上位をキープしたい。


◆J2第10節の出場停止選手

●湘南・DFアンドレ・バイア



◆J2主な負傷者情報


【4月26日】

●熊本MF上村周平=左梨状筋肉離れ。全治約4週間

●熊本MF岡本賢明=右膝脛骨外顆骨挫傷。全治約4週間


【4月18日】

●熊本FW安柄俊=右足関節前脛腓靭帯損傷。全治約4週間


【4月17日】

●讃岐FW原一樹=左下腿肉離れ。全治約3~4週間


【4月11日】

●徳島FW佐藤晃大=右足関節遊離体摘出術。全治8週間


【4月8日】

●岡山MF沢口雅彦=右ハムストリングス肉離れ。全治2〜3週間


【4月7日】

●大分MF松本怜=左半腱様筋肉離れ。全治約6週間


【4月4日】

●名古屋FW佐藤寿人=右ハムストリングス筋損傷。全治約6週間

●名古屋MF和泉竜司=右膝内側側副靭帯損傷。全治約6週間

●讃岐DF砂森和也=左アキレス腱断裂。全治6カ月


【3月31日】

●愛媛GK原裕太郎=右アキレス腱断裂。全治6カ月

●岡山FW赤嶺真吾=左ハムストリングス肉離れ。2〜3週間