<J1:浦和2-0名古屋>◇第34節◇1日◇埼玉

 ミハイロ・ペトロビッチ監督(55)の奇策が功を奏し浦和は名古屋に快勝、ACL出場権を獲得した。本職のFWを置かず、MFマルシオ・リシャルデス(31)をFW登録した“ゼロトップ”の布陣を公式戦で初施行した。

 前半23分にMF平川忠亮(33)のクロスにMF柏木陽介(24)が頭で合わせて先制。後半21分には直接FKをDF槙野智章(25)が決めて突き放した。

 ケガから復帰し、3試合ぶりに出場した柏木は「満足です。チームを2試合離れていたが、やっぱり俺がいないとダメだという意味を込めて今日は試合に出た。来季はタイトルをとれるチャンスが増えるので、狙いたい」と話した。