日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

磐田FW前田初ゴール&FW山崎2発

ゴール前でボールをキープする磐田FW前田
ゴール前でボールをキープする磐田FW前田

<プレシーズンマッチ:磐田4-2岐阜>◇27日◇長良川

 磐田は27日、J2岐阜とプレシーズンマッチを行い、競り勝った。FW前田遼一(29)が1ゴール1アシスト、FW山崎亮平(21)が2ゴールの活躍で、主力組はJ相手に今季初勝利を挙げて3月5日の開幕戦(甲府=中銀スタ)に弾みをつけた。また、MF山田大記(22=明大)が初めて主力組で出場し、大卒ルーキー3人が初めて同じピッチでプレーした。

 磐田2トップが本領を発揮した。前半立ち上がりは連続して攻め込まれたが、同17分、山崎が右サイドの深い位置からクロスを上げると、中央で待ちかまえていた前田がダイレクトボレーで合わせてゴール右隅に突き刺した。エースがJチーム相手から今季初ゴールを奪うと、勢いは加速した。

 中盤でボールが動き始め、縦パスを効果的に使った攻撃を展開。同23分にはルーキーMF小林裕紀(22=明大)のスルーパスに抜け出した前田が右にクロス、山崎が右足で合わせてネットを揺らした。さらに、同ロスタイムには山崎が自ら高い位置でボールを奪い、相手GKとの1対1で技ありのループを決めた。2トップの共演で前半だけで3点のリード。3戦連発の山崎は「前田さんがボールを収めてくれるので僕は常に裏を狙っていた。チームの関係もよくなってきている」。山崎とのコンビネーションの良さを聞かれた前田は「そうですね」と言葉少なだったが、エースと期待の若手で形成した2トップによる大量得点は、チームに何よりの自信を与えた。

 この日の活躍で自身初の開幕スタメン出場をほぼ確実とした山崎は「開幕は内容よりも結果にこだわってやりたい」と言い切った。その開幕戦は5年連続未勝利中。開幕ダッシュを目指し、8試合の練習試合を消化する「実戦型」の準備を進めてきたが、最後になって今季目玉の2トップが目を覚ました。【神谷亮磨】

 [2011年2月28日10時14分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

磐田






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  【名古屋】ACLへ出発、三都主が話題に - AFCチャンピオンズリーグ
  2. 2  神戸大久保 “青空ミーティング”でゲキ - サッカーニュース
  3. 3  浦和原口U22関塚監督の前でアピール - サッカーニュース
  4. 4  G大阪アジア杯優勝ビデオで一丸 - サッカーニュース
  5. 5  J2札幌櫛引に“ワシ流3カ条”伝授 - サッカーニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです