日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの海外サッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 海外サッカー
  3. ニュース

バイエルンが執念の王座奪還/ブンデス

シュバインスタイガー(右)と競り合いながらもパスをだす長谷部
シュバインスタイガー(右)と競り合いながらもパスをだす長谷部

<ブンデスリーガ:ボルフスブルク0-0バイエルン>◇4日◇ボルフスブルク

 バイエルンが、執念の王座奪還を果たした。アウェーでMF長谷部誠(24)所属のボルフスブルクと対戦。主力を相次ぐ故障で欠く中、相手の猛攻を守備陣が体を張って守りきり、0-0で引き分け。3節を残して2季ぶり21度目のリーグ優勝を飾った。4位だった昨季の屈辱を晴らすべく、大型補強を断行。開幕から1度も首位を明け渡さない圧倒的な強さで、完全復活した。

 ただ、王座に返り咲くために-。バイエルンのなりふり構わない戦いぶりは、この日も変わらなかった。GKカーンやルシオら主力を欠く中、相手の猛攻にさらされても耐えて、カウンター攻撃に徹した。前半14分、ポドルスキーがDFの裏に抜け出してシュートを放つと、同19分には約20メートルの距離からの直接FKをGKベナクリオが横っ跳びでセーブ。引き分け以上で決まる栄光へ、集中力を研ぎ澄ませた。

 昨季はチェルシーに移籍したバラックの後継者探しに失敗し、シュツットガルトに王座を明け渡した。リーグ戦ではクラブ史上最低の4位。名門のプライドをかけ、8000万ユーロ(128億円)の巨費を投じて大型補強した。リベリー、クローゼ、ゼ・ロベルトらスターを獲得。72-73年、84-85年に続く、開幕から首位を守り続ける完全優勝を目指した。

 この大舞台に長谷部が立っていた。この日も攻守に積極的にプレー。スター軍団を相手に、ゴール前に迫る場面も何度かあった。試合中盤までは互角の戦いを演じた。ブンデスリーガにすっかり溶け込んでいることを印象づけた。

 だが、UEFA杯準決勝敗退の悔しさを胸に、既に獲得したドイツ杯との「2冠」を狙うバイエルンは、劣勢の終盤でもロングパスを前線に放り込んで得点を狙い続けた。守備陣は耐えた。2位ブレーメンとの勝ち点差を10とし、2季ぶりに歓喜の時を迎えた。アウェーのピッチの上で、無邪気にはしゃぎまくった。

 [2008年5月5日9時16分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 海外サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです