日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの海外サッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 海外サッカー
  3. ニュース

優勝バイエルンが黄金時代へ準備

 バイエルンが、圧倒Vを足掛かりに進化を目指す。ボルフスブルク戦を0-0で引き分け、残り3試合で2位ブレーメンとの勝ち点差を10に広げ、開幕節から1度も首位を譲らず、2年ぶり21度目の栄冠を手にした。今季で引退する正GKオリバー・カーン(38)は背中痛で欠場したが、控えのレンジングが好守で完封に成功。来季から監督に就任するクリンスマン氏は、チームのスピード化を掲げており、名門は完全復活に向けてターニングポイントを迎えた。

 名門に立ち止まっている暇はない。2年ぶりの王座奪回に成功したバイエルンが、早くも黄金時代に向け準備に入った。今季で退任するヒッツフェルト監督に代わり、来季のクラブを引き継ぐのはクリンスマン氏。その頭には、既に青写真ができ上がっている。

 その1つがチームの「プレミアリーグ化」だ。攻守が目まぐるしく入れ替わるイングランドなどの他国リーグに比べ、「バイエルンのサッカーはテンポに乏しい」と指摘。ボルフスブルク戦も、押し込まれた状況からカウンターで局面を打開する選手がおらず、苦戦の原因にもなった。目標とするのは、マンチェスターUのC・ロナウドやルーニーが織りなす速攻。選手には体調に合わせて個別練習の練習メニューを組み、高速ダッシュを何度も繰り返せるようなタフで速い選手を育てる。

 ヒッツフェルト監督の在任中に試合を視察したり、チーム施設内のサポーター用スペースを練習場に変えたりと、次期監督の行動は早くも物議を醸している。しかし、それも熱心さゆえのことだ。ヒッツフェルト監督は「強い重圧の中で王者になれた。スーパーなチームを引き渡すことができる」と期待した。土台はできた。あとは、ドイツ代表監督としてもチームのスピード化に成功したクリンスマン氏の手腕次第だ。

 [2008年5月6日8時8分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 海外サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです