日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


Cロナ延長Vヘッド/スペイン国王杯

決勝ゴールに歓喜するC・ロナルド。右はアルベロア(AP)
決勝ゴールに歓喜するC・ロナルド。右はアルベロア(AP)

<スペイン国王杯:Rマドリード1-0バルセロナ>◇決勝◇20日(日本時間21日)◇バレンシア

 スペイン国王杯決勝は、Rマドリードがバルセロナを下し、18年ぶり18度目の優勝を飾った。史上6度目の決勝クラシコは、Rマドリードが延長前半13分に左からのクロスをFWクリスティアノ・ロナルド(26)が頭で決めて劇的勝利。モウリーニョ監督が胴上げで4度宙に舞った。

 18日間で4試合行われるクラシコは、これで1勝1分け。モウリーニョ監督は16日の試合同様、この日もDFぺぺをMFで起用。中央で相手FWメッシらを止める戦術で勝機を見いだした。07-08年シーズンにリーグ優勝して以来続いた無冠に終止符を打って喜びすぎたのか、DFラモスが大失敗。試合翌日のパレードで国王杯を誤ってバスから落とし、そのままバスに踏みつぶされてしまうハプニングのおまけまでついた。

 次の目標は欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇。CL準決勝で再びバルセロナと戦う。インテルミラノでCLを制しているモウリーニョ監督は“2連覇”へ向け「私を、タイトル請負人であってサッカーの監督ではないという人がいた。だが、ありがとうと言いたい。自分はそういう人物になりたい」と言い切った。(山本孔一通信員)

 [2011年4月22日9時33分 紙面から]

キーワード:

スペイン国王杯

このニュースには全0件の日記があります。









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞