来年1月2、3日に行われる箱根駅伝に出場する20チームの区間エントリーが29日に決まり、2連覇を目指す東洋大は設楽啓太、全日本大学駅伝を制した駒大は窪田忍を各校のエースが集まる2区に起用した。

 東洋大は4年連続区間賞の柏原竜二(現富士通)が抜けた山上りの5区に3年生の定方俊樹を登録。山下りの6区は市川孝徳が4年連続で走る布陣となった。

 5区には前回区間2位の大江啓貴(明大)、同3位の山本修平(早大)も配置され、駒大は世界ジュニア選手権1万メートル6位の村山謙太を置いた。

 主力級の選手では設楽悠太(東洋大)大迫傑(早大)出岐雄大(青学大)が補欠に回った。

 レース当日の補欠との交代は2日間合計で4人までは認められている。