日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 出場チーム
  4. コース
  5. 歴代優勝
  6. 地区大会
  7. 大会展望
  8. 概要&テレビ放送

デンソーが大会新で2連覇 高島が快走

<陸上:クイーンズ駅伝 in宮城 第34回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会>◇14日◇宮城県松島町文化観光交流館前→仙台市陸上競技場の6区間42・195キロ◇出場26チーム◇天候晴れ、気温1・0度、湿度54%、西北西の風0・8メートル(午後0時15分スタート時、松島観測)

 デンソーが2時間16分12秒の大会新記録でレースを制覇。連覇で2度目の優勝を果たした。05年に3連覇した三井住友海上以来、9年ぶりの連覇チームとなった。

 スタート1区こそトップと29秒差の12位と出遅れたが、2区でこの日22歳の誕生日を迎えた小泉直子が区間2位に走りで3位に押し上げた。エース級がそろう3区で高島由香(26)がトップの豊田自動織機、ヤマダ電機を抜く区間賞の走りでトップの座を奪取。ダイハツなど後続の追撃を振り切り、そのまま逃げ切った。

 2位にはチーム最高順位でダイハツが入った。3位以下はヤマダ電機、豊田自動織機、第一生命、九電工、ユニクロ、しまむらの8チーム。ここまでの上位8チームがシードとして、来年大会の出場資格を獲得。来年から、従来の「東日本」「中日本」「西日本」の予選会が廃止され、その他のチームは、新設される統一予選会から本戦出場を目指す。

 [2014年12月14日17時22分]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞