日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

門田2位 エスティファノスV マラソン

2時間10分46秒で日本勢トップの2位でゴールし、笑顔を見せる門田浩樹(共同)
2時間10分46秒で日本勢トップの2位でゴールし、笑顔を見せる門田浩樹(共同)

<別府大分毎日マラソン>◇1日◇大分市高崎山うみたまご前-大分市営陸上競技場(42・195キロ)

 陸上の世界選手権(8月・北京)の代表選考会を兼ねた大会は、ツールデ・エスティファノス(エリトリア)が2時間10分18秒で優勝し、日本勢トップは2時間10分46秒で2位の門田浩樹(カネボウ)だった。

 山本浩之(コニカミノルタ)が2時間11分48秒で3位に入り、前回大会覇者のアブラハム・キプリモ(ウガンダ)は2時間12分23秒で4位。2011年世界選手権代表の尾田賢典(トヨタ自動車)は2時間15分52秒で13位に終わった。

 エスティファノスは33キロ手前でスパートし、門田とのリードを広げて逃げ切った。(スタート時晴れ、気温7度、湿度43%、北の風2・6メートル)

 [2015年2月1日17時16分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞