日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

「山の神」服部導いた埼玉初V

ゴールする埼玉のアンカー・服部(共同)
ゴールする埼玉のアンカー・服部(共同)

<全国都道府県対抗男子駅伝>◇18日◇広島・平和記念公園前発着(7区間=48キロ)

 前回2位の埼玉が歴代3位の好記録となる2時間19分14秒で初優勝した。アンカーの7区服部翔大(23=ホンダ)がトップでたすきを受けて、2位宮城の追い上げを振り切った。13年の箱根駅伝で優勝に貢献した日体大の「山の神」が、社会人1年目で存在をアピール。16年リオはトラックで、20年東京はマラソンで五輪を狙う。

 服部はゴールで待ち受ける仲間の輪に飛び込んだ。「危ねえ。逃げ切ったぞ! 気持ちいい」。たすきを受けた時、宮城の村山謙と35秒差。「追いつかれるとやっかい。つっこみ気味で行く」。最初から飛ばし、24秒差で逃げ切った。昨年は2位だっただけに「初優勝はうれしい」。

 2年前の箱根駅伝、山登りの5区で名を上げた。愛知の7区には今年の箱根駅伝で「山の神」になった青学大の神野がいた。「最近は山を走ると神になるらしいんで。まあ世代交代していくものですが」と、神野の実力を認めつつも“先代”としてのプライドもチラリ。「これからの日本を背負っていくランナーがいるこの駅伝で、チーム全体で勝てたのは良かった」。

 昨春、ホンダに入社。16年リオ五輪は1万メートルなどトラック種目で勝負。その後にマラソン転向を見据えている。「山の神」ではなく、中距離ランナーとして「リオもしっかり狙いたい」。最近は社会人生活にも慣れて、小学校時代から大好きなスノーボードに出掛ける余裕もできた。「オフはもっぱら山を下っている方ですよ」と笑っていた。【益田一弘】

 ◆服部翔大(はっとり・しょうた)1991年(平3)10月28日、埼玉県生まれ。鴻巣北中で陸上を始めて埼玉栄、日体大と進学。大学3年時の13年は箱根駅伝5区で区間賞を獲得して、30年ぶりの総合優勝に貢献。昨春ホンダに入社。164センチ、52キロ。

 [2015年1月19日9時46分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞