日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 取組速報
  5. 明日の取組
  6. 星取表
  7. ニッカン式番付
  8. ブログ新着記事

貴親方が退職撤回、「無責任」新たな火種

朝けいこを終え、報道陣に囲まれる貴乃花親方(撮影・清水貴仁)
朝けいこを終え、報道陣に囲まれる貴乃花親方(撮影・清水貴仁)

 日本相撲協会理事の貴乃花親方(37=元横綱)が、退職の意思を一夜で撤回した。4日の同協会臨時理事会で、解雇処分となった元大関琴光喜関の処分軽減を主張。認められずに、協会に退職願を提出した。これを受理されなかった同親方は、一夜明けた5日には弟子の育成に力を入れる気持ちを表明した。貴乃花グループ関係者への処分が続くなど、協会内には「しこり」が残っている。

 元大関琴光喜関らの処分が決まった臨時理事会から一夜明け、貴乃花親方はいつもと同じように、三重県桑名市のけいこ場で弟子の指導を行った。午前8時すぎ、けいこを終えると、理事会での退職願提出について聞かれたが「理事会であったことは、私の口からは言えません」と口をつぐんだ。しかし、午後になると「まずは弟子の育成が頭の中にいつもあります。今日も朝げいこをやりましたから」と、退職しない意向を示した。

 騒動の始まりは、4日の臨時理事会だった。琴光喜関の解雇に反対し、番付を降格させて再度チャンスを与えるべきだ、との主張を貴乃花親方が行った。だが、受け入れてもらえなかった。結局、琴光喜関は追放を意味する解雇。処分が決まると、貴乃花親方はスーツの内ポケットから退職願を取り出し、村山理事長代行に提出した。だが、会議の最後に「受け取れません」と返されたという。

 ほかの理事からはこの日、厳しい声が上がった。放駒親方(元大関魁傑)は「正直、驚いた。まだ(騒動の)決着がついていないのに。理事としての責任もある。なんでか、理解できない」とし、二所ノ関親方(元関脇金剛)は「なんでそこまでしたのか。とんでもなく、無責任。あれだけ立派なことを言っていたのに…」と指摘した。

 一本気な性格の貴乃花親方が、突っ走ってしまった背景には、いくつかの要因がある。兄弟子だった大嶽親方は、琴光喜関を介して野球賭博をやっていたと話し、現役大関の処分軽減を懇願した。貴乃花親方は理事として、この思いを酌んでやりたい。そんな気持ちが、行動に表れたようだ。

 また、2月の協会理事選で、逆転当選を支えてくれた大嶽親方が解雇、阿武松親方(元関脇益荒雄)が降格処分を科されるなど、貴乃花グループ関係者が憂き目にあった。貴乃花親方が、責任を感じざるを得ない状況が続いていた。

 理事選の際は、二所ノ関一門を飛び出して出馬した。立浪一門の意向に反して、貴乃花親方に投票した安治川親方(元前頭光法)は、名跡を変更して貴乃花グループ入りしようとしたが、難航したまま。どちらも、角界の「慣例」を破った行動で、快く思わない関係者も存在する。思い通りにいかない下地は常にある。

 ただし、理事会の中で武蔵川理事長が「こういう状況だからこそ、君がしっかりしなければならない」と慰留したように、世間からの期待は大きい。協会理事にとどまり、やるべきことはいくらでも残されている。

 [2010年7月6日8時49分 紙面から]


関連ニュース


注目


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

日本相撲協会理事




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです