日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

アニメ・ゲームコラム

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」

日本で唯一のゲームソムリエール。26歳にして、昭和のレトロホビー等を文化として研究し、様々なメディアで活躍。そのキュートなルックスからは想像できないような正論、発言も。また、インドネシア、バリ島のマニアでもあり渡航回数は35回以上。自身でバイクをレンタルし観光客がいかないような場所へも行ってしまうという活発な一面も持つ。Twitterアカウントは@annoharuna。

謎の風雲!たけし城を発見した…

[2014年11月14日12時8分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おはようございます。杏野はるなです。この連載では毎回昭和の懐かしい玩具等をご紹介させいていただいていますが、今回もすごい…。

 いや、正確には自分ですごいと言っているだけなのでもしかすると逆に「なんだよこれ…」となるかもしれないのですが、私にとってはものすごい「ツボ」。そういえばこういう場合のツボっていうのは「壺」から来ているツボなのかしら? つまりは「中に何かそういう要素のものが詰まっている、入っている」という感じ? 少なくとも「坪」ではないのだろうな。いやでも案外こっちの「ツボ」でも意味的にはさほど変わらないような気もするぞ。その「エリア」にそういった要素の物が散らばっているという感覚で。と、今回は坪に壺が散らばっている。そんな感じのグッズなのです。(本当か?)

 私がまだ生まれる前、1986年から日本のテレビで放送された番組に「風雲! たけし城」というのがありました。私も数年前にスカパーで再放送を何度も見ましたが、これが本当に面白い! 今の日本のテレビの倫理的には絶対に出来ないし、予算も出ないだろうなあ…という仕掛けが一杯のこれぞ良い意味でのアホバラエティーだ! と言える内容でした。

 

 今は海外でも人気でレンタルビデオ等も人気のようです。もう日本ではこういう番組はできないんだろうな…と日本のテレビの質の低下を「う~む」と考えつつそういう時代にうやらまし光線を送っています。

 あ、そうなのだ。今回はグッズの紹介だったのですね…。そう、駄菓子屋の「当て物」というのはとにかく適当なものが非常に多く、当時もそのたけし城の人気にあやかってシールが出ていました。が、このクオリティーがヤバい…。かろうじて誰かわかるかわからないかくらいのレベルなのですよ…。

 それぞれのたけし城の仕掛けゲームの内容もイラスト化してあるのですが、それもヤバいレベル。私は確実にこれはいわゆる無版権物だろうなと確信していたのですが、よく調べるとちゃんと版権を取っているのです…。だとすると逆にすごい…。

 ということで写真を掲載いたしますので是非御覧くださいませ。完全に痛快であり、なりゆきで作った感じです…。(分かる方は分かる文末)

 コラム依頼等、お問い合わせ等は私の会社、株式会社エッグコアまで! http://eggcore.cutegirl.jp

  • TL

杏野はるな「レトロの世界があんのっ。」の最新記事

Ads by GooglePR

アニメ・ゲーム最新ニュース

見られたのは300人中140人のプレミアム試写会

アニメ・ゲームランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ