日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

アニメ・ゲームコラム

ゲームセンターCXスタッフここだけ話

ゲームセンターCXスタッフここだけ話

「ゲームセンターCX」CSフジテレビONEにて放送。よゐこ有野がファミコンなどのレトロゲーム攻略に挑む。番組DVDは累計55万本超えのヒットを飛ばし、放送開始10年には武道館イベントや映画化など、今やゲーム番組の代名詞に。国内のみならず海外でも人気が高い。番組作りのウラ側から知られざるエピソードまでスタッフが紹介。

こっそり支えてくれる人(1)VE府川

[2015年10月13日10時49分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本来我々の仕事は裏方なので全員が“こっそり支える人”なんですが、どうしても前に出てしまう機会が多い番組。今回はそこにもあまり顔を出さない“本当の裏方”を何人か紹介させていただきます。

 

 VE府川由教。テレビ技術会社ライズカンパニーに所属しているVEマンです。VE(ビデオエンジニア)の仕事は収録時に画像がキチンと録れているかをチェックする人。さらにウチの場合は音声もチェックしなければならないのです。阿部カメラマンが技術の投手だとしたら、それを裏で支える捕手と言った役回りでしょうか。

 ゲーム番組なのでゲーム画像と音は生命線…。これが録れてないと話になりません。ところがハードもソフトも古いのでトラブルこともしょっちゅうあるんですね。レトロゲームを扱っている以上回避できない問題…。そこで府川の登場!どれだけ収録が盛り上がっていても彼の

 「ゴメンなさい!」

 の声が掛かると撮影ストップ。トラブル解決を最優先します。その時、誰からも不平の声が出る事はありません。彼がいつも人一倍真面目で誠実に仕事をしているのを皆が知っているからです。

 そんな府川が珍しく表舞台に出て活躍した回が「電車でGO!」。エンジニア魂に火が付いたのか? 見事な腕前で停車させていました(笑)。

 

 メカに強い府川には休憩時間にも仕事が待っています。それはウチの会社の電気系統のトラブル解決係!

 「このPCの吐き出しがうまくいかなくて…」

 「コピー機の調子が悪いんで見てください」

 「なんかトイレの換気扇が…」

 もう町の電気屋さんのごとくあれこれ質問されてます。でも本当に嫌な顔せず対応してくれて…ありがたい存在ですね。

 10年前、高校卒業と同時にライズカンパニーに入社、すぐにGCCXの担当になりました。最初はひょろひょろに痩せてたのに、今ではすっかり太ってしまい貫禄が付いています。この春ベトナムロケに同行しなかったので理由を聞いてみたら、2人目が生まれるとのこと。そしてちょうど帰国日に生まれたそうです。府川を見てると時が経つのは本当に早いと実感させられますね。これからもGCCXを技術面で支えてください。【番組プロデューサー 菅剛史】

 ◆GCCX情報 12/18発売のDVD-BOX12。特典挑戦はあの名作バイオハザード! 今まさしく編集中なんですがめちゃ面白いです。ぜひご予約ください。

  • TL

ゲームセンターCXスタッフここだけ話の最新記事

Ads by GooglePR

アニメ・ゲーム最新ニュース

見られたのは300人中140人のプレミアム試写会

アニメ・ゲームランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ